桜の季節を、最大限に味わうために知っておきたいこと

日本のお花見の経済効果は6517億円

それも3月下旬から5月下旬までのたったの2ヶ月で。

関西大学の宮本勝浩名誉教授のレポートによると、日本での「お花見」は海外から観光客をよぶ観光文化資源として大きな経済効果を生み、東京スカイツリーの1年間の経済効果(約835億円)の約8倍という巨大な影響を持っているそうです。店頭には「桜」の限定商品が並び、上野公園や目黒川など花見スポット近くの飲食店は常に満席。海外では公共の場でお酒が飲めない国が多いからか、桜の下でお酒と食事を持ち寄って友達と楽しめる春が日本のベスト観光シーズンとして知られているそうです。

同教授による2020年3月18日のレポートでは、2020年は新型コロナウイルスの影響により約2532億円(38.9%)もの経済効果の減少が推定されるとの発表もありましたが、宴会は自粛ムードの中でも楽しめる桜の満喫方法をご紹介します。

桜の「花言葉」

桜の花言葉

桜と言っても種類は豊富で、固有種や交配された園芸品種などを含めると600種以上もあると言われています。代表的なものにはそれぞれ異なる「花言葉」がついており、最も一般的なソメイヨシノは「優美な女性」、八重桜は「しとやか」などそれらの多くは女性を連想させる言葉になっています。続きを読む>>>

「桜言葉」と「絶景スポット」11選

日本の桜の絶景スポット

奈良県で有名な桜スポットといえば、吉野の千本桜。遠目から満開のシロヤマザクラを見た時に霞がかって白く見える様を「花霞(はながすみ)」と言います。また、皇居の周りの桜の名所・千鳥ヶ淵ではボートに乗ってお花見を楽しめますが、桜を愛でる人にも「桜人(さくらびと)」という素敵な呼び名があります。続きを読む>>>

桜を「食べ歩き花見」で楽しむ

シナモンロールで食べ歩き花見散歩
©YUKI HOSHI

ブルーシートにみんなで集まる宴会スタイル以外にも「食べ歩きスタイル」で気軽に花見は楽しめます。中でもオススメしたいのが「シナモンロール」を食べながらのお花見。桜の葉とシナモンには共通の芳香成分が含まれていてペアリングに良いのです。お花見スポット近くの絶品ベーカリーはこちら。

「シナモンロールを食べ歩きしながら花見 3店」
 ・代々木公園ー『JENSEN(イエンセン)』
 ・目黒川ー『TOLOPAN TOKYO』
 ・隅田公園ー『FUGLEN COFFEE ROASTERS』  続きを見る>>>

桜のアート「ガラスの盆栽」

桜のガラス盆栽

イタリアを拠点に活動するガラス職人Simone Crestaniさんは、部屋の中に飾っておける「枯れない盆栽」を創っています。吹きガラスという製法を用いた美しい佇まいは、一年中「桜」を楽しむことができそうです。続きを読む>>>

桜の「塩漬け」

桜の塩漬け

料理をパッと華やかにするエディブルフラワーが人気ですが、この季節は「桜の花の塩漬け」なんてどうでしょうか。お吸い物に浮かべたり、おにぎりの上に飾っても食卓を春らしく彩ってくれます。オンラインで400円程度から購入できますし、もちろん手作りも可能です。ピンクの色が可愛い「八重桜」がよく使われるそうですよ。続きを読む>>>

まとめ

日本を表す花として菊と共に日本人に親しまれ続けている桜。とても身近なものだと100円玉の裏にヤマザクラ、1000円札と2000円札にも桜が描かれていますよね。早く日常が元に戻り、穏やかに桜を満喫したいですね。

Top image: © iStock.com/aimintang
Simone Crestaniさんが創る「ガラス盆栽」は、吹きガラスという製法を用いられ、優美な雰囲気を醸しています。ピンクに色づけされたものは、今の時期...
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
“食べ歩きスタイル”花見の相棒は、シナモンロールが大正解!桜の葉とシナモンにはぺアリングとして◎な理由もあるし、桜の名所のそばには、おいしいベーカリーがけ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
東京・南青山に期間限定(3月22日〜31日)でオープンする「SAKURA CHILL BAR」。佐賀県の日本酒や名産品のおつまみがウリのこのお店は、室内で...
桜が散ってしまったら、花見はもう終わりだと思っていない?でも、都内にはたくさんの「枯れない桜」があるのです。そしてそれは、景色よりも素敵なものを運んできて...
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...
“世界一おもしろいお菓子屋さん”こと「パパブブレ」が、甘党以外の男性などにも楽しんでもらおうと、土佐の「酔鯨酒造」の協力のもと酒のつまみになるキャンディー...
お花見自粛ムードのなかでの小さな楽しみに。「パパブブレ」から、このシーズン恒例の「桜ミックス」キャンディが今年も登場。 「桜ラテ」や夜の桜を新しい表現方法...
みんなが持ち寄りがちな揚げ物や炭水化物系フード……どれも花見にはマストだけど、そればかりだとどうしても色気がない。ビニールシートの上にも「彩り」を加えたい!
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
数年前、大学生だったころの花見が、今でも忘れられない理由は──。
「Boston Dynamics」社が製作する四足歩行ロボットの「Spot」が、シンガポールの公園をパトロール中。国の公園局と連携して無人パトロールを実験...
ドライブインシアターを日本全国で開催する「Drive in Theater Japan Tour」の第一回が、6月13日(土)に「東京サマーランド」の駐車...
五感で楽しむ花の体感型アート展「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜-」が「日本橋三井ホール」で開催。会場全体を「桜」で彩り、五感を刺激する多...
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
オープンデッキクルーザーで「シャンドン ロゼ」のフリーフローと目黒川の桜を楽しむ優雅な90分が過ごせる「目黒川お花見CHANDONクルーズ」が3月20日よ...
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...