「食べる桜」で食卓にも春気分を

最近、料理好きの間でにわかに話題になっているのが「エディブルフラワー」。見た目も華やかな食べられるお花です。

じつは日本にも昔からあって、その代表が菊の花。ですが、この季節はやっぱりこちらが主役。「桜の花の塩漬け」です。

料理に添えるだけで
食卓がパッと華やかに

おにぎりに一輪入れてみたり、クッキーに入れてみたりと、最後にトッピングするだけで食卓を彩ってくれます。お吸い物やお茶に咲かせてみる、なんていう使い方もステキですよね。

この塩漬けですが、なんでも八重桜がよく使われるそうです。きれいなピンク色で食卓にも春気分を。

桜の経済効果はたった2ヶ月で6517億円。ソメイヨシノの花言葉は「優美な女性」。花見をしている人は「桜人(さくらびと)」。食べ歩きで花見を楽しむ方法など、...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
桜が散ってしまったら、花見はもう終わりだと思っていない?でも、都内にはたくさんの「枯れない桜」があるのです。そしてそれは、景色よりも素敵なものを運んできて...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
「ビームス ジャパン」と「食玩ジャパン」が食玩の魅力をあらためて伝える異色のコラボ「食玩ジャパン」を今月からスタートしている。
“食べ歩きスタイル”花見の相棒は、シナモンロールが大正解!桜の葉とシナモンにはぺアリングとして◎な理由もあるし、桜の名所のそばには、おいしいベーカリーがけ...
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
お花見自粛ムードのなかでの小さな楽しみに。「パパブブレ」から、このシーズン恒例の「桜ミックス」キャンディが今年も登場。 「桜ラテ」や夜の桜を新しい表現方法...
東京・南青山に期間限定(3月22日〜31日)でオープンする「SAKURA CHILL BAR」。佐賀県の日本酒や名産品のおつまみがウリのこのお店は、室内で...
新潟県妙高市とダイハツ工業株式会社、株式会社NTTドコモ、青山社中株式会社は、軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィスの実証実験を1月12日から妙高...
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
Simone Crestaniさんが創る「ガラス盆栽」は、吹きガラスという製法を用いられ、優美な雰囲気を醸しています。ピンクに色づけされたものは、今の時期...
五感で楽しむ花の体感型アート展「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜-」が「日本橋三井ホール」で開催。会場全体を「桜」で彩り、五感を刺激する多...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
1月6日、バーガーキングが20年ぶりとなるリブランディングを実施。ロゴを皮切りにパッケージやオリジナル商品、制服などがその対象となっているようだ。
「結局効果があるリラックス方法って何があるの?」という方のためにストレスや疲労を根本からなくせるリラックス方法をまとめました。自宅や職場で試せるものから、...
2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
数年前、大学生だったころの花見が、今でも忘れられない理由は──。