「あざとい」くらいがちょうどいい。手元で「花咲く」酒で、お花見を全力で楽しむ!

あっという間に季節は過ぎ、気づいたらもう春本番。
毎年みんなの出会いと別れを見守ってくれる桜たちも、そろそろ満開のご様子。ちゃんとお花見の予定は立てましたか?

今回は、そんなお花見に持っていきたいドリンクをシリーズでご紹介。
vo.1は……大人数でのお花見向けの一品!


お花見ってだいたい「各自持ち寄りで。」ってなることが多いですよね。そうなると、いかにセンスのいいものを持参するかどうか、水面下での競い合いのはじまり。「あ〜、それいいね、たべたい!」「おいおい、おしゃれかよ!」なんてツッコミが、公園内の各所から聞こえてきそうです。

そんなときにはこのお酒で一歩差をつけたい!
みんなの注目を集めること間違いなしです。

手の中でも「花咲く」お酒

60223303293337605708412243410944

桜の名所、奈良県南部は「吉野」にある老舗酒造〈北岡本店〉が手がける「さくらさらさら」。実はこれ、本物の桜花が入っているのです。見た目のインパクトもさることながら、甘酸っぱさが後ひく、春らしいお味。

しかもこの桜花、食べられるのだそう。花を見に来て、さらに「花を食べる」だなんて、ずいぶん贅沢な気がします。

6537766535954432

ビールや缶チューハイ、みんなが持ち寄りがちな揚げ物や炭水化物系フード……どれも花見にはマストだけど、そればかりだとどうしても色気がない。だから、まわりをパッと華やかにしてくれるこんなリキュールなどで、ビニールシートの上にも彩りを加えるのもありじゃないでしょうか。

空に広がる満開の桜の下、自分だけの「花」も眺めながら、一層華やかな花見を自己演出しましょう。

受け身じゃなく
能動的なお花見体験

4780442280525824

毎年花見の時期になると感じるのは、四季折々に移ろいゆく自然を堪能できる僕たち日本人は本当に恵まれているなってこと。春・夏・秋・冬のそれぞれ表情を楽しんでいると、1年間なんて一瞬で終わってしまう。だからこそ、シーズナルイベントは全力で楽しまなきゃもったいない。

「おまえ、あざといな〜」なんて言われるくらいのモノを持ち寄って、2018年春の思い出もたくさん増やしましょう!

次回vo.2では「お酒持ち込みNGな場所に行く予定の人」や「お酒を飲んで騒ぐより、しっとり派」におすすめのドリンクをご紹介しますよー。

 

ちなみに、フードの持ち寄り担当になってしまった人、メニューはもう決めた?デパ地下で買っていくのもいいけれど、せっかくのイベントだから、手料理を持っていきましょう?
ということで、お花見フードもチェック!

Licensed material used with permission by 北岡本店
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
数年前、大学生だったころの花見が、今でも忘れられない理由は──。
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
1月23日から開催されている『FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲』。日本橋での開催は今年で3度目となる。これまでに増してわくわくするような...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
みんなと差をつけるオリジナルの持ち寄りメニューをどうぞ。
桜が散ってしまったら、花見はもう終わりだと思っていない?でも、都内にはたくさんの「枯れない桜」があるのです。そしてそれは、景色よりも素敵なものを運んできて...
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
春を迎えてお花見や、送別会、歓迎会が増える季節となりました。こんなシーンで活躍する「乾きものおつまみ」ですが、どうしても余りがち。そんな乾きものを天ぷらと...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などで知られる、クリエ...
見るからにラブラブじゃん。写真の主人公は、セバスチャン(フレンチブルドッグ)とルナ(ポメラニアン)。犬種の違いはあれど、二匹ともとっても幸せそう。様々な季...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...