こんなにも「文句なしの花見」に行ったのは初めて

正午0時。窓の外を見るとはらはらと雪が降っていた。まるで春風に舞う桜の花びらのように──。

そんな雪が街を白く染めた1月22日、日本橋で『FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲』の内覧会がおこなわれ、“日本一早い桜”が咲きました。このイベントの日本橋での開催は、今年で3度目。

これまでに増してわくわくする体験型の花見ができると聞いて行ってみると、白く冷たい外の世界からはかけ離れた、感動の景色がひろがっていたのです。

会場には、イベントを楽しむための仕掛けがいくつかあります。これから訪れる人たちが心から楽しめるよう、絶対見逃して欲しくないポイントをここで紹介します。

イベントが何倍も楽しくなる仕掛け

イベントの場所は、日本橋にある「COREDO室町1」。4Fにある入口をはいるとすぐに大きな本のオブジェが。ここには、館内で楽しめるエリアが順番に映し出されていきます。

ちなみに、本の右手には木の根が横たわっています。これ、ただの装飾ではなく、「ここはまだ上階に広がる花園の地下部」ということを意味しているのです。漂ってくるアロマの香りにつつまれながら、左手にあるエスカレーターで早速上の階へ行っちゃいましょう!

5Fへあがってすぐのスペースには、さまざまな種類の花が咲いています。カメラが用意されているので、好きな花を選んで写真を一枚撮ってみましょう。

写真はキープしておいてください。なんてったって、これこそ今回のイベントのキーとなるものですから!

撮影後、竹でつくられた“トンネル”を通った先にある光るオブジェに、さきほどの写真をかざしてみましょう。すると、写真と同じ色をした花がスクリーンにうつしだされます。

出先で美しいものや可愛いものを見ると、写真に撮らずにいられない人は多いはず。このイベントでは、撮影して満足するのではなく、このように写真に収めた花を会場内のアートの一部にすることができるんです。

花に触れ、写真に撮って、思い出に残す。そしてそれをアートに変換する。一方通行では終わらない、これまでにない花見が体験できます。

踏み入れたら出たくなくなる、
6つの仕掛けがある「花畑」。

光るオブジェの次にある「花畑」エリアには、6つの仕掛けがあります。それらを楽しむには、以下のことをする必要があります。

■ タンポポに息を吹きかける
■ 宙に浮かぶ巨大な種に手をかざす
■ ハスの葉の下に立つ
■ 花々のオブジェの横で写真をかざす
■ 壁の穴を覗く
■ 壁の穴に指を入れる

今、すべて種明かししてしまうのは惜しいので、一部だけをご紹介。

例えば、「花畑」エリアの入り口に設けられている巨大なタンポポのオブジェ。これに息を吹きかけると綿毛を飛ばすことができます。

実は、去年のイベントにも似たような仕掛けがありましたが、今年は少しパワーアップ!エリア内の壁にある3つの穴の、最後のソレに手を入れると、自分か誰かが飛ばした綿毛がブワッと飛び出てくるのです。

もし、すぐに綿毛が飛ばなくてもご安心を。綿毛はタンポポのオブジェが置いてある方からふわふわ飛んでくるので、穴に吸い込まれるのを確認してからもう一度手を入れてみて!

もう1つ、エリア内で写真下にあるような、膝くらいの高さの台を見つけたら、ここでも入口付近で撮影した花の写真をかざしてみてください。

花のオブジェが、自分が立つ方向にゆっくり動きだします。そして、写真にある花と同じ色に変化していくのです。この仕掛けは同じエリア内にいくつか用意されているので、混雑する日でも試すことができるチャンスがきっとあるはず。

白い花を自分だけの色に染めて、春の訪れを感じちゃいましょう。

見渡すかぎり、「満開の桜」。

一面ピンク色に染められたこの空間は、日本一早い花見が楽しめる場所。

プロジェクションマッピングの桜、そして生花や造花がいたるところに飾られています。例えば天井から吊るされている桜は和紙でつくられていて、スタンディングデスクに置かれているのは本物。

様々な桜が織りなす春の空間を、心置きなく楽しめます。

外が雪であろうと冷たい風が吹き荒れる日であろうと、「もう春がきたなぁ」、そんな気分にさせてくれるのです。

ここで紹介した以外にも、まだまだ楽しめる要素は盛りだくさん。恋人や友人、家族と一緒に思い出に残る花見を楽しんでみてはどうですか?

「桜彩エリア」や「花畑エリア」では、20分1回演出がおこなわれます。
公式HPでも聞けるオリジナル楽曲などが演奏され、春の訪れを感じさせてくれるのです。

バーでは桜のサングリアなど、オリジナルドリンクも用意されています。

館内に漂うアロマの香りを楽しめる“秘密の実験室”も。

【開催概要】

FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲

会場:日本橋三井ホール COREDO室町1 5F(エントランスは4F)

期間:2018年01月23日(火) ~ 02月26日(月)

時間:10 : 00~20 : 00 ※入場は閉場の30分前まで。会期中無休。

Photo by Mami Higuchi(TABI LABO)
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
みんなと差をつけるオリジナルの持ち寄りメニューをどうぞ。
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...
女の子なら一度は訪れて欲しい、カラフルでキュートな場所。
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
みんなが持ち寄りがちな揚げ物や炭水化物系フード……どれも花見にはマストだけど、そればかりだとどうしても色気がない。ビニールシートの上にも「彩り」を加えたい!
“食べ歩きスタイル”花見の相棒は、シナモンロールが大正解!桜の葉とシナモンにはぺアリングとして◎な理由もあるし、桜の名所のそばには、おいしいベーカリーがけ...
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
初めて幼稚園へ行く朝、緊張してスクールバスに乗りたがらない娘のMollyちゃんのために、恐竜の着包みをかぶって喜ばせたお母さん。その姿には地元のメディアま...
11月3日(土)からはじまったライトアップイベント『FLOWERS BY NAKED 2018-京都・二条城』に、先週末2000人もの観光客が並びました。...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
東京・南青山に期間限定(3月22日〜31日)でオープンする「SAKURA CHILL BAR」。佐賀県の日本酒や名産品のおつまみがウリのこのお店は、室内で...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...