初めて「アムステルダム」に行く人は、この8つをチェックリストに。

初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受けることなく過ごすことができるでしょう。決してマリファナと飾り窓だけが、この街の個性ではないんです。
 
Elite Daily」のAngelina Zeppieriさんがまとめた「アムステルダムの楽しみ方」を紹介したいと思います。

01.
自転車に乗って
住民になりきってみる

4549389fbc26fed51fcc2494916cfee221195ba7

アムステルダムは、自転車の街。だれもかれもが街中の移動手段に自転車を使っています。地元の人と同じように自転車を使って移動してみると、本当のアムステルダムを見ることができるはず。レンタルしてみましょう。

02.
デ・パイプ地区で
世界を食べ歩き

アムステルダムでおいしい食事にありつくなら「デ・パイプ地区」へ。美しく彩られた趣のあるレストランやカフェ、バーなどが多いことで有名です。アジアン料理からアフリカ料理まで、さまざまな国の食文化を楽しむことができるのも特徴的。

また、この地区は「アムステルダムの台所」とも呼ばれる、アルバートカイプ市場も開かれています。

03.
ハイネケンに
“なりに”いこう

Ad6266a4df477eac36502c94afe6c53269871eb0

アムステルダムには、ハイネケンの博物館「ハイネケン・エクスペリエンス」があります。入館料が安く、中の展示やサービスも最高に楽しめます。ハイネケンの歴史を学ぶことができたり、ビールができるまでの過程を知ることができます。また、自分がビールになった気分を体感できるアトラクションまであるとか。もちろん、ハイネケンを飲むことも可能。

04.
そうそう、アンネの日記も
アムステルダム

アムステルダムには多くのミュージアムがあります。国立博物館、ゴッホ美術館、エルミタージュ美術館、アムステルダム市立美術館などです。さらに第二次世界大戦中にアンネ・フランクが隠れ家として利用した家がミュージアムになっていて「アンネの日記」も保管されています。

05.
ローカルで人気の
カフェ・ルーチェでステーキ

インドネシア料理を出すレストランや、ステーキ、ピザ、中華まで、この街にはなんでもあります。でも、もしオランダ料理を楽しみたいなら「カフェ・ルーチェ」。

とても雰囲気のいいバーで、夜はいつも満席。生ビールとステーキが絶品です。

06.
水の都で
「花」を買う

Dd0e85215143108ecc6a6d5820059d47a81b0398

チューリップで有名なオランダですが、アムステルダムには150年以上の歴史を持つ有名なシンゲル・フラワーマーケットがあります。ここではチューリップだけじゃなく、バラやヒヤシンス、アマリリスなど、たくさんの花や球根が売られています。見ているだけでも楽しい!

07.
世界遺産の運河で
クルーズを楽しむ

街中に張り巡らされている運河は、世界遺産にも登録。その美しさはイタリアにある水の都、ベネティアにも負けていません。運河を巡りながら街の歴史や観光地を案内してくれるサービスが人気です。

08.
世界一「長身」の
秘密とは?

7dbca4b2237ac120139345249c69092e4131d4d9

オランダは世界一長身の国です。一説にはチーズをたくさん食べるから、というものも!?

「ライプナー・チーズテイスティング・ルーム」では、いろいろな種類のチーズを解説付きで試食することができ、もちろん一緒にワインも楽しめます。背は伸びないかもしれませんが、とりあえずはチーズで乾杯。

Licensed material used with permission by Elite Daily
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。実は車内に、「ワニのステッカー」が登場...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
普段、何気なく使っているスプーンやフォーク。これまでにあの形状に疑問を持ったことなんてないし、きっとこれから先も、あのデザインがスタンダードであり続けるの...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニテ...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
オランダを中心に展開するポップアップカジノ「The Black Box Bellagio」。無料で遊べるワケは、お金の代わりにあなたのプライバシーを使えるから。
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
2016年3月2日にオープンした、アムステルダムの次世代映画館「The Virtual Reality Cinema」。実際に体験した人々の様子を見て、い...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...