アムステルダムの撮影スポット「I amsterdam」が解体!

アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されてしまいました。記念写真を撮影しようと計画していたならば、要注意!

このロゴは、もともと市が行ったキャンペーンの一環としてつくられたもの。「I♡NY(I Love New York)」から影響されたなんて話もあり、フォトスポットとして人気があります。が、多くの人が集まりすぎていることから、市は解体する決断を下しました。

今後はイベントやフェスティバルの現場で登場するなどして、市内を巡っていく予定。ほかにもスキポール空港に小さめのものが置かれていたり、スローテルプラス湖にあるパルクール用トラックにも遊具として設置されていたりします。

この次、どこで発見できるのか?は、キャンペーンサイト「I amsterdam」で一部紹介されていますよ。

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
2018年で7回目の開催となる「Amsterdam Light Festival(アムステルダムライトフェスティバル)」。アムステル川沿いを中心に街のいた...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
アボカドサラダにトッピングされている様子は、とっても美味しそう!
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。