アムステル川に捨てられた70万のゴミをトラッキングしたサイト

「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイト。悲しいことではあるのですが、すべてのゴミが発見されたのはアムステルダムの川から。

新しい地下鉄の建設にむけて、川の水が抜かれた時に多くのゴミが見つかったのが始まりのようです。このプロジェクトは2003年から2012年にかけておこなわれました。約10年間もゴミを拾っては年代を調べていた、と考えるとスゴいですよね。

サイトには紀元前4200年あたりに作られたであろう石刃も載っています。麻雀の牌や入れ歯、ダーツ、ピストルと、なんで落ちてるの?というものもあります。

このゴミを買えたりしたら面白いのにな〜。

Top image: © belowthesurface.amsterdam / City of Amsterdam
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年で7回目の開催となる「Amsterdam Light Festival(アムステルダムライトフェスティバル)」。アムステル川沿いを中心に街のいた...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
ユニークな素材を活用してきた英ファッションブランド「WOLLEBAK」が、今度は電機ゴミを活用して腕時計を生み出した!
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
アメリカの「Ben & Jerry's」からワンコ用のアイスが登場!
モンゴルの伝統技法で生産された天然ウール100%のあったか「ルームシューズ」が発売中。
デンマークを拠点とする非営利団体「GreenKayak」が提供するアクティビティ。内容は、運河や川に落ちているゴミをカヤックを漕ぎながら拾うというもの。
日々悩まされる生ゴミ、オムツ、ペットのトイレシートといった「臭いゴミ」の不快な臭い。「CLEAN BOX」は、これらをマイナス10度で冷やして一時保管する...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
アメリカのボルチモアハーバーに佇む、巨大な生物のようなもの。まん丸な目に大きな口、一見ダンゴムシのようにも見えるルックス。オブジェかと思いきや、そうではあ...