ゴミで栽培される「キノコ」

黒いビニール袋を使って栽培されるオーストリア産のキノコ。

これを聞いただけでは大したことないと思うかもしれないが、「Hut&Stiel」が育てるのはウィーンの文化を守るためのキノコだ。

大量消費がつづくウィーン

コンサルティング企業Mercerによる生活環境の良い都市を評価するランキングで、9年連続1位を獲得しているウィーン。それでも「Hut&Stiel」によれば、毎日約44トンものコーヒーかすが捨てられているという。

ウィーンは生活環境だけでなく、コーヒーカルチャーも世界に誇れる。だけど、コーヒー豆の大量消費が続けば、ネガティブなイメージがまとわりついてしまうかもしれない。

自国の文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイデアを思いついた。

「コーヒーかす」で作られるキノコ

© 2017 Hut&Stiel

コーヒーを淹れるためにコーヒー豆は1%しか使われていない、というのはどこかで聞いたことがあるかもしれない。

FlorianさんとManuelさんは、残りの99%をカフェやレストラン、ホテルから回収して、それを利用したキノコの培養方法を開発。そして、栽培した食料を提供しているお店に送り届けるという仕組みをつくった。

すでに多くのレストランも協力していて、「Hut&Stiel」のキノコを使ったレシピもホームページに載せられている。

© 2016 Hut&Stiel / Karin Hackl Photos

ちなみに、「Hut&Stiel」が配達をするときには自転車が使われる。細かなところだが環境に対するこだわりを感じる。

多くの人にとって大量消費をすぐに止めるのは難しい。たくさんの“ゴミ”を利用して、人々の注目を集めて環境に気を使ってもらう方法をFlorianさんとManuelさんは実践しているのかもしれない。

今となってはコーヒーかすもキノコ栽培に欠かせない“材料”だ。

Licensed material used with permission by Hut&Stiel
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
秋の味覚きのこ、その多くがこの時期に旬を迎えます。できるだけ新鮮に、長く旬のキノコをたのしむならば、冷凍保存がオススメ。冷凍することで「風味が悪くなる」な...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
ローストしたコーヒー本来のうまみを味わう、ごく一般的な飲み方のほかにもうひとつ、コーヒーに他の素材をブレンドし、付加価値をつけるスタイルが登場したのがここ...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
頭はキノコ、体は人間。なんとも奇妙なビジュアルで、しかも、どこか苦しんでいるように見える…。あなたはそんな「キノコ人間」の存在を知っていますか?正体は、「...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
奇跡──。そんな謳い文句を聞かされたら、否が応でも気になってしまう。とにかく体に良さそうなことはイメージできるけれど、果たしてその正体やいかに。極寒の地シ...