薬用キノコたっぷりの「マッシュルームコーヒー」がブレイクの予感

ローストしたコーヒー本来のうまみを味わう、ごく一般的な飲み方のほかにもうひとつ、コーヒーに他の素材をブレンドし、付加価値をつけるスタイルが登場したのがここ数年の話。シリコンバレー式の食事法を本にまとめて大ヒットしたデイヴ・アスプリーの「バレットプルーフ・コーヒー(バターコーヒー)」もその一例だろう。

パフォーマンス向上が得られるかどうかは別として、いま、健康志向の欧米のトレンドセッターたちの注目を浴びるコーヒーがある。

キノコ+コーヒーは
どんな味がする!?

A0581d2b3e53b75a0490a627e7a2121242c94a20Ccc2b50be8c449a087917b805f3f1cd02c1b116b

うまいマズいの話をいったん抜きにして、次なる一手の急先鋒がこの「MUSHROOM COFFEE」。その名の通り、このコーヒーにはの森で収穫されたキノコがたっぷりと入っている。

100%アラビカ種を用いたインスタントコーヒーに、乾燥させたヤマブシタケ(Lion's Mane)、カバノアナタケ(Chaga)、サナギタケ(Cordyceps)などをパウダー状にしてブレンドしたもので、含有量は全体のおよそ1/4程度だとか。開発メーカー「Four Sigmatic」によると、乾燥キノコ自体コーヒーとさほど変わらぬ香りだそうで、ほとんど気にならないというけれど…。

そもそも、コーヒーとキノコを合わせようという発想にギモンを抱く人もいるはずだ。けれど、これが健康茶やスープならばどうだろう。人間はもう1,000年も前からキノコを“飲んできた”ことには変わりない。

手つかずの森に自生する
ワイルドすぎるキノコたち

Fa41aee3ef33c4be951d316257dc45fb07c4995a1627e1de054c23f150e2c813c56c9a0f7a74b447

さて、コーヒーに使われるキノコの多くは森に自生する野生のもの(一部や野生に近い状態で自家栽培)。これがまたご覧の通りのワイルドさ!そのどれもが「薬用キノコ」と呼ばれるもの。

キノコの治癒効果や薬用成分については、古代ギリシャや中国をはじめ、ひろく世界中で研究の対象とされてきた。霊芝や冬虫夏草などは、漢方薬として日本人にも馴染みのあるもののはず。彼らがMUSHROOM COFFEEに目をつけたのも、この薬用性に他ならない。けれど、こうした効能うんぬんを抜きに考えても、キノコとコーヒーのミクスチャーというのが、やっぱりオモシロい。

飲み方もアレンジも
コーヒーそのもの

9bbdbda2c46572c616c48afdf6e331928488eec9D1adbda23c91596ae9481e6dfa9e23d7021723124619af37aae264db3016fbb412fa459d69f3d92c

氷を入れてアイスで飲んだり、ホットミルクで割ってカフェオレにしてもいい。さらには、コーヒーだけでなくホットチョコレートも合うようだ。

キノココーヒーの波が席巻中

B706363462340e3b836137966bff01e8b062c2b3122b560b6e5399a2604f025fc9be8cf63ffe4740

2012年、学生時代ルームメイトだったフィンランド人青年4人によって設立されたFour Sigmatic、2年後にはアメリカへ拠点を移し、わずか6年足らずで販売ルートを25カ国にまで広げたことからも、注目度の高さがうかがえる。

けれど、こればっかりは飲んでみないことにはオススメのしようがない。もしも興味を持った人は、オンラインから注文してみてはいかがだろう。

Licensed material used with permission by FourSigmatic
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
カナダのブリティッシュ・コロンブアや米ワシントン州の海岸線に広がる海のことを「Salish Sea」と呼びます。自然豊かな島々が点在し、豊かな生態系が維持...
秋の味覚きのこ、その多くがこの時期に旬を迎えます。できるだけ新鮮に、長く旬のキノコをたのしむならば、冷凍保存がオススメ。冷凍することで「風味が悪くなる」な...
頭はキノコ、体は人間。なんとも奇妙なビジュアルで、しかも、どこか苦しんでいるように見える…。あなたはそんな「キノコ人間」の存在を知っていますか?正体は、「...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
奇跡──。そんな謳い文句を聞かされたら、否が応でも気になってしまう。とにかく体に良さそうなことはイメージできるけれど、果たしてその正体やいかに。極寒の地シ...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...