【読んでもらいたい vol.3】大人のためのコーヒーの絵本『COFFEE GIVES ME SUPERPOWERS』

人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りをかぎ、舌や喉で味わいながら知ったコーヒーの知識を、愛らしいイラストで紹介するWEBサイトです。その内容をまとめて出版されたのが『COFFEE GIVES ME SUPERPOWERS』。自宅のお気に入りの場所に飾りたくなるような、とっても素敵な1冊です。

たとえば、こんなこと。
あなたはどちら派?

普段何気なく手にしているコーヒーについて、あなたはどのくらい知っていますか。たとえば、こんなこと。ビールとコーヒーを摂取したとき、脳はどのように働くのでしょうか。発想が豊かになり、アイデアを膨らませたい時はビールで、エネルギーを高めて行動に移したいときはコーヒー。こんなふうに覚えておくと分りやすいかもしれません。

たとえば、こんなこと。
どんなコーヒーがお好み?

さまざまな分野で活躍している専門家たちは、どんなコーヒーが好みなのでしょう。たとえば、編集者やライター、教論などは、キャラメルやバニラなどのフレーバー入り。反対に、裁判官や弁護士などは、甘みのない、きりりとしたブラックコーヒーが好みです。

たとえば、こんなこと。
ソーサーの使い方について。

ソーサーは、コーヒーカップを運び、ティースプーンを受けとめてくれるものですが、その歴史を遡ると、面白い発見がありました。18世紀、コーヒーは、一度ソーサーに注いで、冷ましてからいただくという光景が見られたようです。古い絵画のなかにも、同じようにコーヒーをいただく様子が描かれています。抵抗があるかもしれませんが、一度試してみてもおもしろいかもしれません。

たとえば、こんなことも。
カロリーについて知っていますか?

普段何気なく購入しているスターバックスのカロリー、どのくらいかご存知ですか?たとえば、カフェ・ラテは、ピザひと切れ分。抹茶ティー・ラテは、マクドナルドのフライドポテト、Mサイズ分。ほかの食べ物と比較してみると、意外なカロリー数に驚いてしまうかもしれませんね。これから、カロリーを気にしているならば、注意してオーダーしなければなりません。このほかも、たくさんのトリビアが分かりやすい内容で、たくさん描かれています。カメラを持って、見知らぬ土地をあてもなく歩く旅のように、この一冊と共に、コーヒーの世界を一緒に巡りましょう。

関連する記事

今回は、恵比寿に8月13日にオープンした「JANAI COFFEE」。こちらのお店、実は「あること」をすると秘密のバーに入れるコーヒースタンドなんです。気...
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
8月1日、日本を代表する京都発のロースター「小川珈琲」の旗艦店「OGAWA COFFEE LABORATORY」が東京・桜新町にオープン。
ニュージーランドで話題のラテが飲めるのはここだけ! 奥渋谷にある日本初上陸のコーヒーショップ Coffee Supreme Tokyo〒150-0047 ...
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
自分が名付けた木で「コーヒーの森」を作る植樹プロジェクト「BIKAS COFFEE VILLAGE(ビカス コーヒー ビレッジ)」がスタート。5月8日より...
「丸山珈琲」と「伊良コーラ」がコラボし『クラフトコーラ「魔法のシロップ」 IYOSHI LOVES COFFEE』を7月1日に発売。インドネシアのコーヒー...
焙煎、ドリップ、空間にまでこだわった表参道の裏道に突如現れるコーヒースタンドCHOP COFFEE OMOTESANDO〒150-0001 東京都渋谷区神...
3月2日から世界20ヵ国で大人気の『ウォーリーをさがせ!』の衣装を着て撮影し、それが絵本に反映された、自分だけのウォーリーの絵本を作ることができる撮影会が展開。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
線路沿いの古民家をリフォーム人と人をつなぐ中目黒のコーヒーショップONIBUS COFFEE〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-14-1http:/...
テキサス州の小学校の校長先生であるBelinda Georgeさんは、Facebookのライブ配信を使い、子どもたちに本の読み聞かせを行っています。途中、...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
環ROYと鎮座DOPENESSによるラップユニットKAKATOとイラストレーターのオオクボリュウによる初の絵本『まいにちたのしい』。刊行に合わせた原画展、...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
「scene」は、京都のコーヒーロースタリー「colon coffee roasters」が製造販売する、誰でも自分だけのブレンドコーヒーが作れるカスタム...
フランスを代表する国民的絵本『プチ・ニコラ』が今月22日から発売。現地では子どもから大人まで半世紀以上にわたって愛され続ける永遠のベストセラー絵本。
私たちを毎日あたたかく照らす太陽。いつも何気なく目にしているものでも、少しだけ見方を変えるだけで、それまでと違った、あたらしい側面と出会うことが出来ます。...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
「ブルーボトルコーヒー」のキャッシュレス自動販売機が登場。カフェのない場所や営業時間外でもスペシャルティコーヒーが楽しめる。コーヒーのほかにも関連商品の販...
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
東京・恵比寿に、おもしろいバーがオープンした。その名も「JANAI COFFE(ジャナイコーヒー)」。
「THERMOS COFFEE TO GO」は、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門店。テイクアウトにマイボトルを使用することで、使い捨て容器の排出量を...
「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)」より、コーヒーかすを再利用した「コーヒー石鹸」がデビュー。
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...