【読んでもらいたい vol.6】いい香りの花束とともに街を歩く。さりげないけど楽しい、大人のパリガイド

たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方があるでしょう。

村上香住子さんの『パリ・スタイル』では、蘭の女王と称されるカトレアについて、花言葉のみならず、フランス文学でどのように扱われていたのか分かる一文が、記されています。

二十世紀のフランス文学を象徴するといってもいい『失われた時を求めて』のマルセル・プルーストは、“女性を抱く”というのを、ソフィスティケートな表現で“カトレアをする”といっていた──。

なんてロマンチックなのでしょう。確率はゼロに近いけれど、今後もし、男性からカトレアをプレゼントされたなら、プルーストの言葉を思い出して、勝手に舞い上がるかもしれません。

たとえ、男性から贈られなくても、毎日頑張っている自分へのご褒美や、仲の良い友だちとの久しぶりの再会にプレゼントしても喜ばれると思います。忙しさを言い訳に女を怠けそうになった時、優雅に佇むカトレアを見れば、背中がしゃんとさせられそうです。 

カトレア・マニアが愛する
「ラ・メゾン・ドゥ・ロルキデ」

©2017 在本彌生

カトレアについてつらつらと説明しましたが、本著で「日本ではどこへ行っても胡蝶蘭しか見かけない」と綴られているように、じつは私も実物を見たことはありません。

しかし、海を越えて、パリのセーヌ川のほとりまで足を運べば、フランス内外から取り寄せた色とりどりの蘭と出会うことができます。

フラワーショップ「ラ・メゾン・ドゥ・ロルキデ」は、いつ足を運んでも、丁寧に手入れされた花々が、それぞれ気持ち良い距離感を保って並んでいます。パリのカトレア・マニアも行きつけなのだとか。近い将来パリを訪れる予定がある方は、行きたい場所リストに入れておいてはいかがですか。

パリ・スタイル 大人のパリガイド(著:村上 香住子)

もしすぐにパリにいけなくても、読むだけで、パリの人々の息吹や、街の時間を味わえる一冊です。20年間ファッション誌のパリ特派員として、翻訳家としてパリを日本に紹介してきた村上香住子さんによる、きわめつけのアドレス286。本物の、でもさりげなくて、居心地いい、楽しいパリが満載。

Top image: © 2017 在本彌生

関連する記事

恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
家で過ごす時間が増え、ストレス解消や自律神経の調整にもいいとしてブームが再燃している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。「パリの小さなひみつ」は、パ...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、「食レポ」が苦手な人間が背水の陣で挑む「お取り寄せスイーツの食レポ」企画。第四回は...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...