【読んでもらいたい vol.6】いい香りの花束とともに街を歩く。さりげないけど楽しい、大人のパリガイド

たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方があるでしょう。

村上香住子さんの『パリ・スタイル』では、蘭の女王と称されるカトレアについて、花言葉のみならず、フランス文学でどのように扱われていたのか分かる一文が、記されています。

二十世紀のフランス文学を象徴するといってもいい『失われた時を求めて』のマルセル・プルーストは、“女性を抱く”というのを、ソフィスティケートな表現で“カトレアをする”といっていた──。

なんてロマンチックなのでしょう。確率はゼロに近いけれど、今後もし、男性からカトレアをプレゼントされたなら、プルーストの言葉を思い出して、勝手に舞い上がるかもしれません。

たとえ、男性から贈られなくても、毎日頑張っている自分へのご褒美や、仲の良い友だちとの久しぶりの再会にプレゼントしても喜ばれると思います。忙しさを言い訳に女を怠けそうになった時、優雅に佇むカトレアを見れば、背中がしゃんとさせられそうです。 

カトレア・マニアが愛する
「ラ・メゾン・ドゥ・ロルキデ」

カトレアについてつらつらと説明しましたが、本著で「日本ではどこへ行っても胡蝶蘭しか見かけない」と綴られているように、じつは私も実物を見たことはありません。

しかし、海を越えて、パリのセーヌ川のほとりまで足を運べば、フランス内外から取り寄せた色とりどりの蘭と出会うことができます。

フラワーショップ「ラ・メゾン・ドゥ・ロルキデ」は、いつ足を運んでも、丁寧に手入れされた花々が、それぞれ気持ち良い距離感を保って並んでいます。パリのカトレア・マニアも行きつけなのだとか。近い将来パリを訪れる予定がある方は、行きたい場所リストに入れておいてはいかがですか。

All Photo by 在本彌生

パリ・スタイル 大人のパリガイド(著:村上 香住子)

もしすぐにパリにいけなくても、読むだけで、パリの人々の息吹や、街の時間を味わえる一冊です。20年間ファッション誌のパリ特派員として、翻訳家としてパリを日本に紹介してきた村上香住子さんによる、きわめつけのアドレス286。本物の、でもさりげなくて、居心地いい、楽しいパリが満載。

恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...
パリの魅力に磨きをかけるプロジェクト「Réinventer Paris 2」。その一翼を担うのが「Le Terminus」。使われなくなった地下鉄の駅がレ...
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...