100年前と現代のパリを、写真でシンクロさせてみた

エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100年前の景色を、見てみたいとは思いませんか?

ここでは、そんな願望を叶えるべく、少しだけタイムスリップしてみましょう!

オペラ座
(1940年)

8257873d2d1bac943d07fb61258896face9ce2cf

ここで紹介する15枚の写真は、パリ在住のJulien Knezさんが、約50年〜150年前の写真で切り取られている場所を訪れ、同じアングルで撮影したものです。

たとえば1940年当時のオペラ座。当時と変わらない荘厳な雰囲気を維持していますよね。

エトワール凱旋門
(1909年)

76d2a02a450a3640786d81e50fa74d24d105cee8

一方、こちらは少しさま変わり。1909年の凱旋門付近には、2階建ての路面電車が走っていたようです。

コンティ河岸
(1900年)

511e48d630c8f45828760d05fc014b3989cebe48

グラン・パレ
(1944年)

4a393957653b5536a7cf20ad925dad76280a4c3d

プランタン・オスマン本店
(1930年)

8bd7f95d765f54432a586acacb4a93d7e6d8932e

ゲイ=リュサック通り
(1968年)

Ce0d0512a37049e2285b6cbe6c75e35202515089

サン・ドニ門
(1910年)

7cacb5062e41261511d316fc8a2dfc5a5bcb3bdf

エッフェル塔
(1900年)

5b15640a10cf132316b731588fbde8f133dd6077

セーヌ川・ノートルダム大聖堂
(1930年)

E2d0197dbcc74c1f17c5a5c923fccf0acb88798d

ムーラン・ルージュ
(1900年)

774f86aec576c22a607f68a87e53a2f2d05b4695

地下鉄オデオン駅
(1910年)

415e93c2780b8c77e619036f40356a58b6c3f20c

この地下鉄駅は運河だったんですね。

ヴァンドーム広場
(1871年)

1b4398b82c7ed7cbe0a02b90491013d9147cfd94

パリ市庁舎
(1944年)

28080f5a8ea0e3247a53bd297b5a060178d09fab

リュクサンブール公園
(1895年)

A4df7d07eb2708d06da42bacc719475a38894b24

過去と現在が見事にシンクロした写真の数々。つい眺めてしまいます!

Licensed material used with permission by Julien Knez
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
一生の記念になりそうなこの企画は、バケーションレンタル業界最大手の「HomeAway」によるもの。フランス政府公認の、UEFA EURO 2016公式ファ...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
写真には「鉄則」ともいうべき、いくつかの構図のルールがあります。簡単にできる、とは言いませんが、少し意識するだけでプロのような写真に近づけるかもしれません...
ここで紹介するのは、白黒写真に写った昔の日本風景に色をつけたもの。当時の雰囲気が伝わってきます。1900年前後の様子を、いまの生活と見比べてみては?
もしも彼らが2017年に足を踏みいれたら、夢と希望で溢れた物語は、どう変化してしまうだろう?と考えたTom Ward Studio。現代の闇を感じさせるに...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...