100年前と現代のパリを、写真でシンクロさせてみた

エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100年前の景色を、見てみたいとは思いませんか?

ここでは、そんな願望を叶えるべく、少しだけタイムスリップしてみましょう!

オペラ座
(1940年)

ここで紹介する15枚の写真は、パリ在住のJulien Knezさんが、約50年〜150年前の写真で切り取られている場所を訪れ、同じアングルで撮影したものです。

たとえば1940年当時のオペラ座。当時と変わらない荘厳な雰囲気を維持していますよね。

エトワール凱旋門
(1909年)

一方、こちらは少しさま変わり。1909年の凱旋門付近には、2階建ての路面電車が走っていたようです。

コンティ河岸
(1900年)

グラン・パレ
(1944年)

プランタン・オスマン本店
(1930年)

ゲイ=リュサック通り
(1968年)

サン・ドニ門
(1910年)

エッフェル塔
(1900年)

セーヌ川・ノートルダム大聖堂
(1930年)

ムーラン・ルージュ
(1900年)

地下鉄オデオン駅
(1910年)

この地下鉄駅は運河だったんですね。

ヴァンドーム広場
(1871年)

パリ市庁舎
(1944年)

リュクサンブール公園
(1895年)

過去と現在が見事にシンクロした写真の数々。つい眺めてしまいます!

Licensed material used with permission by Julien Knez

関連する記事

パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
7月初旬、フランス・パリに位置するレジャー施設「FlyView PARIS」にて、焼失する前の「ノートルダム大聖堂」を見て回れるVRツアー「Rebuild...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
Paris 2024に向け、パリの象徴であるエッフェル塔周辺を「緑の多い生物多様性の豊かなエリアに一新する」という計画が発表された。
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
フランス・パリのエッフェル塔近くにあるスポーツ施設「Centre Sportif Emile Anthoine」のルーフトップにボクシングジムができました...
2024年に開催されるパリ五輪に向けて、エッフェル塔の塗装工事がはじまっている。過去130年余りの歴史のなかでもっとも大規模となる今回の工事では、今まで親...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
シャンゼリゼが新たな魅力溢れる通りに生まれ変わろうとしている!
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
家で過ごす時間が増え、ストレス解消や自律神経の調整にもいいとしてブームが再燃している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。「パリの小さなひみつ」は、パ...
パリの魅力に磨きをかけるプロジェクト「Réinventer Paris 2」。その一翼を担うのが「Le Terminus」。使われなくなった地下鉄の駅がレ...