「幾何学模様」で、ビジュアルを動かすアーティスト

幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。

彼女の作品は、写真という範疇を越えて、もはやビジュアルアートにまで昇華されている。この「Geometric Variants」と名づけられたシリーズ。じっと眺めていると錯覚によってビジュアルが動いていく。その感じ、分かるよね?

#1

「幾何学模様」

#2

「幾何学模様」

#3

「幾何学模様」

#4

「幾何学模様」

#5

「幾何学模様」

#6

「幾何学模様」

#7

「幾何学模様」

ブラック&ホワイトの2色を巧みに使いながら、絵に命を吹き込むErika。静止画が静かに動き出す仕掛けは、まるで魔法のようだ。難を言えば、目がクラクラするところはあるのだが。

Licensed material used with permission by Erika Zolli
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
10月16日より、ビジュアルアーティストであるフランキー・スィーヒさんのアート展「Full Circle」が「RVCA SHIBUYA GALLERY」に...
アラブ首長国連邦を構成する1つ、シャルジャに光り輝くモスクがあらわれました。位置としてはドバイから車で30分ほど移動したところにあります。
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
死ぬ夢の意味とは?夢占いの専門家が人、夢のなかでの死因、状況別に死ぬ夢を紐解いていきます。
京都西陣織の正絹を使用した「和のますくす」に秋冬の新作が追加。伝統的で落ち着きのある柄は、和装はもちろん、フォーマルにもカジュアルにも似合う。
足跡ひとつない雪原を踏みかためて図柄を描く「スノーアート」の第一人者。イギリス人アーティストのサイモン・ベック氏は、たったひとり10時間以上かけて、これら...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
世界の謎や不思議を紹介し続ける月刊誌『ムー』の「ビジュアル&アート集」が先月27日から発売中。UFO、UMA、怪奇&不思議話などの世界が満載。