土星にある「六角形の渦」。その謎がついに解明!

輪っかがあることで有名な土星ですが、実はもう一つ有名な特徴として知られているものがあります。それは、てっぺんにある六角形の不思議な渦。約30年前に見つかってからずっと謎のままだったそう。

Space.comによれば、この雲の動きが最初に発見されたのは1988年のこと。1980年と1981年にNASAの探査衛星ボイジャーが土星へと接近飛行した時のデータを分析したことでその存在が確認されました。その後カッシーニが接近飛行するまで実在するかどうかもわかっていなかったそうです。

30年間、謎のままだった
土星の「六角渦」の秘密

49742880dbc39f7778064664437e85af5c0c1072Cf1af04fc626df9a2675c7b0683ff70fdcb34d92

中心部に渦があるのが見て分かりますが、その全長は32,000kmほどあり、サーモグラフィでみた限りでは大気の深さもおよそ100km。

渦の回転スピードは土星の輪っかとほぼ同じで、最大風速約360kmで土星の外周へと流れていきます。

25e9d8418a874aa1c3d9d6654294f1c00fd9a2f36800b3e192c1448c08854e22e6c7a6a1d00d311bBced01af8a70eb3186c6cfce1d9e82849a3c6804

Astrophysical Journal Letters」に掲載されたニューメキシコ工科大学のRaúl Morales-Juberías教授による研究論文によれば、土星の北半球の風の動きを高度ごとにシミュレーションすることで、雲の下に流れている風が六角形の渦とその回転スピードを生んでいることがわかりました。

彼らのコメントを以下に紹介します。

「これまでの研究による計算で、土星の六角渦について幾つかの事実がわかっていました。が、それは全てではありません。

最近のシミュレーションによって見えてきたのは、不安定で薄いジェット気流が土星北部の六角形の曲線を保っていること。

さらに、気流の下にある深部の風による影響がその形成に関係しており、特に鋭い曲線の割合の均衡を維持していることがわかりました

356ef0e75de6315542538f46fbda1bd11507e99a

不思議な形をしたこの渦は、ジェット気流の下にある風によって生まれているため、季節に左右されることもないそう。幾何学模様にうごめく渦の様子は、とても神秘的ですね。

白・金・銀の3色がセットになった「雪色鉛筆」。それだけなら普通の色鉛筆。でもよく見て、ちょっと形が違う。
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
「グラフェン」という素材を知っていますか? これは、炭素原子を六角形に並べてできた、原子ひとつ分という極めて薄いシート状の構造のこと。非常に強度が高いこと...
あす9日とあさって10日の夜明け前は、金星と土星が大接近します。太平洋側の地域ほど観察のチャンスあり。連休中の朝は寒さに負けず早起きをして、寄り添って輝く...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
第六感と聞くとちょっぴり怪しげ!? でも、ここで紹介する話はかなり信憑性十分。神経学者のEric Haseltineさんが科学誌「Psychology T...
2015年10月21日にNASAがYouTubeにアップした映像は、3機のX線観測衛星「チャンドラ」「スウィフト」「XMM-ニュートン」が2014年の11...
月のサイズは直径約3,500キロメートルあると言われています。地球の約4分の1ほどですが、これがもし別の惑星だったらと考えるとどんな様子が思い浮かぶでしょ...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
今さらですけど、オレオを牛乳に浸して食べるのに何秒がベストなのか?それを米ユタ州立大学の研究チームが解明しました。流体力学から導き出したベストタイミングは……?
雪の結晶は「同じものはふたつとない」と言われます。美しくも複雑な幾何模様は、まさに自然の神秘ですが、無数のかたちがあるからこそ、そのなかに何を見出すかであ...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
全知全能にして未知なる「神様」。その姿は、人によって様々なイメージを抱くかもしれないし、もしかしたら「姿すらない」と語る人もいるでしょう。今回紹介する「C...
人間の手首や手足の指が、魚のヒレの柔らかい骨から進化したものという証拠を米シカゴ大学の研究チームが発表した。数百万年前の哺乳類の進化の歴史が、遺伝子組換え...
山本が書き綴ったのが「男の修行」と呼ばれるメッセージ。これは、警察予備隊、保安隊、自衛隊の教育方針として引き継がれているだけでなく、経営者や指導者のための...