「オレオ」史上最高のトリビア

オレオ(Oreo)定番の「食べかた」あるある。

第1位 クリーム付きクッキー2枚の贅沢サンド
第2位 外したクッキーでクリームをすくって食す
第3位 牛乳やコーヒーに浸して食す

失礼、これあくまでも予想です。でも、だいたいこんなところですよね。で、ここで注目したいのは第3位の牛乳ディップ。かなりアメリカンなスタイルですが、本場では1912年の発売開始から、ど鉄板の王道スタイルだそうで。

何をいまさら?かもしれませんが、この牛乳にディップするのに最適な時間がサイエンスによって解明されたと話題になってまして。これが結構フムフムなのです。

オレオを牛乳に浸すのは
何秒がベストタイムか?

8b35dd88d4a2ada8e9678e1d7b4bf0d5ee5e56cf

牛乳に浸す時間

こんなの「個人の好み」でしかないものを、大マジメに研究し続けたチームがいます。ユタ州立大学のスプラッシュ・ラボ。一応、リスペクトを込めて彼らを紹介しますと、普段は3次元計測器をつかって流体挙動の物理的メカニズムを解析することを研究の主旨にしているとかなんとかで、とにかくヒジョ〜にスキルセットがある人たちによる研究だということは理っておきます。

では、どんな方法で測定したか?

なんでも、オレオがどのくらい長く牛乳に浸かっていられるかをまずは検査。この<ミルクストレステスト>は2週間実施され、そこで解明したのがこちら。クッキーはわずか1秒で液体の約50%を吸収する、という事実。

他のクッキーには通用しません
もちろん、おせんべいにも

ところで、「ベストな浸し時間=ベストな食べどき」でなければ、元も子もありません。重要なのはうまいか、そうでないか。このベストタイミングな秒数は、単に湿ったオレオなわけでもなければ、浸かりすぎてふにゃふにゃボロボロに崩れたものでもない。

さらに言えば、これはグラハムクラッカーや、もしかしたら日本人のおじいちゃん、おばあちゃんがやっている(人もなかにはいる)、おせんべいを熱いお茶でふにゃらせるのに最適な時間とも、まあ違うわけで。オレオ独特の表面の形状もまた流体力学的には重要な要素なのでしょうね。

すみませんっ、引っ張りすぎました。

というわけで、科学が解明した牛乳に浸すベストな時間は……。

4秒!だそうです。

「4秒で最大吸収に到達。これが5秒になると、あなたが求めるようなグッドテイストは得られない、という結論です」

と、スプラッシュ・ラボTadd Truscott博士のコメントを紹介するKSL。インタビューを受ける博士らしからぬTadd氏のラフさに、つい目が行ってしまう動画でさらに詳しくどうぞ。

Reference:Splash Lab, KSL.com
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられていま...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
脳科学の研究から、興味深いトピックをまとめた記事を紹介します。ライターAngel Chang氏は、モチベーションアップから、生産性を上げる方法、さらには寝...
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
人体には、想像できないようなとてつもないミラクルが詰まっているようです。ここでは、「I Heart Intelligence」の記事から、人間のカラダにま...
サクラ気分を演出するピンク色は、ラズベリーとヨーグルト。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
街のネオンもショーウィンドウもクリスマス一色です。ところで、あなたはサンタクロースについてどのくらい理解していますか?ライターLaura Caseley氏...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
オレオにプリングルス、キットカット、レッドブル──。そんな誰もが知っているお菓子や飲み物のパッケージが、もっと“正直なデザイン”だったら?……と言われたと...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...