おっぱいに関する10のトリビア。「世界の平均的なサイズは、○カップ!」

イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられています。以前、TABI LABOでも紹介したおっぱいに関する7つの事実の記事と併せて、女性はもちろん男性も豆知識として知っておいては?

know-breasts150811


 

01.
イギリス人女性は、
ヨーロッパの中で胸が1番大きい

なんと、イギリス人女性の半数以上がDカップだそう。know-breasts-1

02.
平均の重さは
およそ450グラム

おっぱいは、体全体の脂肪の4-5%にもなるとか。know-breasts-2

03.
世界一大きい
人工おっぱいのサイズは3.8キロ

豊胸手術を9回も行い、約3.8リットルものシリコンをおっぱいの中に入れているとか。know-breasts-3

04.
男性も
乳を出すことができる!?

ある特定のガン治療を受けていれば、男性も乳を分泌できるそうです。know-breasts-3

05.
香港ではブラジャー学を専攻して
学士を取得できる!know-breasts-5

06.
世界で最も多い大きさは
Bカップ

意外と知らなかったのでは?おっぱいの平均サイズは大きくなり続けているそうです。know-breasts-6

07.
左胸の方が
大きい女性が多いknow-breasts-7

08.
人間は成長によって胸が大きくなる
唯一の哺乳類

他の哺乳類は、出産の時までおっぱいが隠れています。know-breasts-8

09.
おっぱいへの刺激だけで、
女性の1%がオーガズムに達するknow-breasts-9

10.
最も大きい
自然なおっぱいのサイズは25キロ!

おっぱいの片方の重さだけで、なんと約25キロ!だとか。know-breasts-10

Licensed material used with permission by HB Health of Knightsbridge

「skillshare」が監修した、世界の人々のさまざまな平均値を「AsapSCIENCE」が動画で紹介しています。自分は平均的?それとも、それ以上?
「1日にたった10分でも豊満なおっぱいを見ることで、30分間エアロビクスを行ったことと同じ効果が期待できます」そんなコメントが、スコットランドのタブロイド...
もし、おっぱいのガンになったら…と、女性ならば誰しも一度は不安を感じたことがありますよね。生活習慣を改善するなどして、なんとか予防出来ないものでしょうか?...
Kara Maria Ananda氏が運営するサイトに掲載されていた「オッパイにまつわる7つの真実」を紹介します。彼女は17年以上もマッサージ療法師として...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
初めてこのビジュアルを見た瞬間、思わず声が出てしまいました。「何コレ?」と。肩掛けタオル?でもなぜか絶妙に、胸がカバーされているし…。と思って調べたら、何...
「Cool Japan」ならぬ「Cool Japai」を推進する集団が話題になっています。なんでも、 日本人の日本人による、日本のクールな“おっぱい”を世...
女性のおっぱいにタッチ。4人のゲイボーイが、人生初の体験に挑みました。ぎこちない手つき。どうやって触っていいものか悩む4人の仕草と、実際に触ったおっぱいの...
女子ってほんとうに悩みがつきません。恋愛は当然のことながら、お肌のケアやダイエットなど体の悩みもつきないものです。たとえばロンドン在住のライターMiran...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
左右のバストサイズの違いに悩む女性も多いようですが、調査結果によれば大抵の人が右胸よりも左胸の方が4%ほど大きいそうです。これは、バストを大きくするホルモ...
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
「犬が左膝の匂いを嗅ぐ」「血豆ができる」「ニシンの骨を折る」。世界には、「幸せを招くしるし」がたくさんあります。日々の暮らしに息づいている、気づくと嬉しい...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...