「小さなアヒルを吹き出す」。言われたらびっくりする、世界のことわざ

「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言い回しだからこそ、ほかの国の人が聞いたら、その内容は意味が分からないわけです。

エラ・フランシス・サンダースさんの著書『誰も知らない世界のことわざ』から、その国らしさが伝わる動物のことわざや言い回しをご紹介します。どれも、思わず使ってみたくなるものばかりですよ。

01.
「ロバにスポンジケーキ」
(ポルトガル語)

5c6e21225f1b45328c383e089ab90ab3cb6a8c19

英語の「To cast pearls before swine.(豚に真珠)」と同じ意味で、「そのものの価値や本来の扱い方をわかってない人、それを得るに値しない人に何かを与えることの無意味さ」を表しています。ロバには、スポンジケーキのふわふわとした食感や、中に挟まれたジャムの香りが分からない。つまり、スポンジケーキの美味しさはロバには分からないのです。

02.
「ブタの背中にのっている」
(アイルランド語)

文字通り読んでしまうと、これは一体、どういうことを言っているのか分からないかと思われますが、「幸せで、人生に成功している」という意味で使われます。アイルランド語にブタに関する表現がたくさんあるのは、何世紀もの間、農業をしながら、ブタと共に暮らしてきたからです。ブタの背中にのることは、ゆったりとしていて、すべてが順調で、豊かに暮らしている、そんなイメージを抱かせてくれます。

03.
「オオカミの口の中へ!」
(イタリア語)

相手の背中を、心をこめて軽くたたき、舞台のまばゆい光の中に送り出すときなどに使われるこの表現は、英語の「Break a leg.(足を折れ)」つまり、「Good luck!(がんばれ!)」のイタリア語版です。もし誰かが、こんなふうにイタリア式であなたの幸運を祈ってくれたら、イタリア語の「Crepi lupo!(くたばれ、オオカミ!)」または「Crepi!(くたばれ!)」で返してあげましょう。

04.
「小さなアヒルを吹き出す。」
(ラトビア語)

60285b37359d4c18a345aa9e8bdd0cff1efdc2ad

これは「くだらないことをペラペラと話している」もしくは「嘘をついている」という意味。ラトビアの人に「小さなアヒルを吹き出しているね」と言われたら、あなたが真実を語っていないことをわかっているよ、と言われていることになります。

05.
「わあ!馬が妊娠している!」
(フィリピン語)

フィリピン人が何かまったく思いがけないことが起きておどろいたときに「なにこれ!?」という意味で使う間投詞です。たとえば、つま先をぶつけるとか、やけどするほど熱いか凍るほど冷たいシャワーの水に当たるとか、想像もできないニュースを聞いたときなどに使われます。

06.
「さて、羊に戻るとしようか。」
(フランス語)

何もかもがシックな、チーズとワインの国でうまれたこの言い回しは、おしゃべりの最中、自分の話題がひどく脱線し、それに気づいて本題に戻ろうとするときに使われます。この言い回しの起源は15世紀のフランス喜劇『The Farce of Master Pierre Pathelin(パトラン氏の冗談)』にあるとか。会話の荒野に踏みこんでしまい、戻り道を探している。そんなときに言うのです。

ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
「犬が左膝の匂いを嗅ぐ」「血豆ができる」「ニシンの骨を折る」。世界には、「幸せを招くしるし」がたくさんあります。日々の暮らしに息づいている、気づくと嬉しい...
「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で開催されるツアー「気になる小さな世界」。渓流を普通に歩いているだけでは決して目にすることのない「小さな世界」ですが、奥...
「昨日飛行機に乗ったら、同じ便にアヒルが座っていたんだ」なんてツイートをしても誰にも信じてもらえなさそうですが、じつはこれ、ウソのような本当の話。マーク・...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
世界に通用する人材になるためのワークショップを開講している布留川勝さんの著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と...
世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。そんな離島のミステリーを追求したのが、お...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...