「小さなアヒルを吹き出す」。言われたらびっくりする、世界のことわざ

「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言い回しだからこそ、ほかの国の人が聞いたら、その内容は意味が分からないわけです。

エラ・フランシス・サンダースさんの著書『誰も知らない世界のことわざ』から、その国らしさが伝わる動物のことわざや言い回しをご紹介します。どれも、思わず使ってみたくなるものばかりですよ。

01.
「ロバにスポンジケーキ」
(ポルトガル語)

英語の「To cast pearls before swine.(豚に真珠)」と同じ意味で、「そのものの価値や本来の扱い方をわかってない人、それを得るに値しない人に何かを与えることの無意味さ」を表しています。ロバには、スポンジケーキのふわふわとした食感や、中に挟まれたジャムの香りが分からない。つまり、スポンジケーキの美味しさはロバには分からないのです。

02.
「ブタの背中にのっている」
(アイルランド語)

文字通り読んでしまうと、これは一体、どういうことを言っているのか分からないかと思われますが、「幸せで、人生に成功している」という意味で使われます。アイルランド語にブタに関する表現がたくさんあるのは、何世紀もの間、農業をしながら、ブタと共に暮らしてきたからです。ブタの背中にのることは、ゆったりとしていて、すべてが順調で、豊かに暮らしている、そんなイメージを抱かせてくれます。

03.
「オオカミの口の中へ!」
(イタリア語)

相手の背中を、心をこめて軽くたたき、舞台のまばゆい光の中に送り出すときなどに使われるこの表現は、英語の「Break a leg.(足を折れ)」つまり、「Good luck!(がんばれ!)」のイタリア語版です。もし誰かが、こんなふうにイタリア式であなたの幸運を祈ってくれたら、イタリア語の「Crepi lupo!(くたばれ、オオカミ!)」または「Crepi!(くたばれ!)」で返してあげましょう。

04.
「小さなアヒルを吹き出す。」
(ラトビア語)

これは「くだらないことをペラペラと話している」もしくは「嘘をついている」という意味。ラトビアの人に「小さなアヒルを吹き出しているね」と言われたら、あなたが真実を語っていないことをわかっているよ、と言われていることになります。

05.
「わあ!馬が妊娠している!」
(フィリピン語)

フィリピン人が何かまったく思いがけないことが起きておどろいたときに「なにこれ!?」という意味で使う間投詞です。たとえば、つま先をぶつけるとか、やけどするほど熱いか凍るほど冷たいシャワーの水に当たるとか、想像もできないニュースを聞いたときなどに使われます。

06.
「さて、羊に戻るとしようか。」
(フランス語)

何もかもがシックな、チーズとワインの国でうまれたこの言い回しは、おしゃべりの最中、自分の話題がひどく脱線し、それに気づいて本題に戻ろうとするときに使われます。この言い回しの起源は15世紀のフランス喜劇『The Farce of Master Pierre Pathelin(パトラン氏の冗談)』にあるとか。会話の荒野に踏みこんでしまい、戻り道を探している。そんなときに言うのです。

ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
「犬が左膝の匂いを嗅ぐ」「血豆ができる」「ニシンの骨を折る」。世界には、「幸せを招くしるし」がたくさんあります。日々の暮らしに息づいている、気づくと嬉しい...
世界にはとてもユニークなサイトがたくさん存在します。その中から「各国の本当の大きさ」を把握できるサイト、「いらない発明」が詰まったサイト、「バーチャルドラ...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。