イギリス流・ちょっぴりブラックな英語のお勉強。「お前って、本当パセリだな」

「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。

ちょっぴり皮肉屋でブラックジョークがお好きなイギリスらしい、楽しい表現をまとめて見ました。

01.
お前って本当に
役立たずでパセリだな。

意味:「うるさい知ったかぶりだな」

「なに言ってんの?本当に役立たずのパセリなんだから」などと使うそうです。よく意味がわからなくても、なんとなく罵られていることだけはわかります。(スコットランド)

02.
泥の中にいるブタみたいに
幸せです。

意味:「とにかく幸せ」

「誰にも邪魔されないとき、あなたは泥の中のブタみたいに幸せそうね」と言われたら、なんだか嫌味を言われているようでモヤモヤしそうです。(ヨークシャー)

03.
お前、納屋で生まれたの?

意味:「ドアを閉めて」

「ねえ、暖房つけてるんだからドア閉めてよ。あなた、納屋で生まれたの?」。これまた、ブラックが効きすぎて言われたほうは傷つく表現です。(ヨークシャー)

04.
サル用のものを
あげないで。

意味:「まったくの無関心」

サル用のものをあげちゃうってことは、相手をまったく気にしてないっていうことになるんでしょうか。(イギリス全域)

05.
ビルのお母さんのところが
ちょっと暗いぞ。

意味:「空が暗いから雨が降りそう」

「ビルのお母さんのところが暗いから、雨が降りそうだぞ」。ちなみにビルは、ウィリアム・シェイクスピアを指していて、出生の地であるバーミンガムのほう嵐がくる、というのが由来だとか。(ミッドランド)

06.
これぞ、アナグマ!

意味:「まさにそのとおり!」

「そうそう、それが言いたかったんだよ、まさにアナグマ!」って言われても、なんだか褒められた気がしませんか、Badgerには動詞で「しつこく悩ます」という意味もあるので、そのあたりが語源なのかも?(イギリス西部)

07.
ボブは君のおじさんさ。

意味:「問題ない」

これは、1887年にイギリス首相ロバート・マルキス・ソールスベリ(愛称ボブ)が、まだ新米政治家だった甥っ子を重要なポストに任命したことに由来すると言われています。ボブおじさんがいてくれるから、大丈夫。(イギリス全域)

08.
ブタの耳を作っちゃった。

意味:「結果が悪くて台無し」

「あの子、プレゼンのときにブタの耳を作っちゃったらしいよ!」といった使い方をするそうです。どうやら「Pig's ear=ブタの耳」自体に、やりそこなった仕事、へま、といった意味があるとか。か、かわいそう…。(イギリス全土)

09.
お前、俺の頭つついてるよ。

意味:「相手にイライラさせられる」

「おい、止めろよ。お前、おれの頭つついてるぞ」と言われたら、相手はイライラしているということ。(イングランド北西部)

Licensed material used with permission by Sykescottages
他の記事を見る
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
スラングの意味を定義するのはかなり難しく、また時間がかかってしまうのが理由なのだとか。
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。
「ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?」っていう本、知ってる? 北九州市立大学准教授の、アン・クレシーニさん(通称:アンちゃん)が書いた本なんだけ...
英語の上達方法の1つに「お酒を飲んで話す」というものがあります。それが、先日、発表されたイギリスとドイツの大学が共同で行った研究によって、効果が証明されました。
ディープな英語を学べる「麻薬の隠語リスト」。アメリカの麻薬取締局「DEA」が毎年アップデートしています。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
一瞬、明るいコミックかと思いきや、皮肉で毒っ気たっぷりのブラックジョークがまぶされた作品に出会った。一癖あるコミック集『LOLNEIN』を世に送り出してい...
英語の勉強を始めたけれど、途中で挫折してしまった。こんな経験を持つ人は多いでしょう。どうして英語の勉強を続けられないのでしょうか。英語をやめてしまう理由は...
パセリが主役を張れるレベルの食材であることを実感できます。
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
チョコレート欲が高まる2月。寒さが厳しくなる日には「重い」と感じるほどの濃厚なホットチョコレートがいい。そう思って探し出した『Bonnel Cafe』では...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...