その皮肉っぽさがクセになる。ブラックな漫画作品にニヤリ。

一瞬、明るいコミックかと思いきや、皮肉で毒っ気たっぷりのブラックジョークがまぶされた作品に出会った。

一癖あるコミック集『LOLNEIN』を世に送り出しているのは、イラストレーターのVincent Kunert。昔から人を笑わせるのが大好きだったという彼が描き出したシニカルな世界を覗いてみよう。

#1

688705265487ca427bd60700314af2c9b4821a26

太陽:なんで、最近、そんなにハッピーなんだい?

地球:やあ、太陽。最近、アースデイってのができてね。1年に1度、開催なのだけど僕にちなんで名づけられたんだ。君も僕がかなり重要だって分かってくれると思うよ。

太陽:そうかい。ところで、地球よ。今日は、何曜日だっけ?

地球:えっ、君は、たまにこんがらがるね!今日は、サンデ…あっ

#2

Ebb076ba4b98a4233be672a9102888f53662d11a

息子:お父さん、壁ってどこから作られるの?

父:せがれよ、それはだな。2人の人間がお互いに憎み合った時にだな…

#3

Bc51a3e5445020be052b4c73e3479a5e8ca31fd7

男:はーい、太陽!姿が見られて嬉しいよ。僕の休暇がはじまったばかりなんだよ!

太陽:なんて偶然!僕も休暇なんだよ!

#4

3e0a6eaaab14844d66b583fbbe8ca8da0a1094ed

家主:大変だ!トイレットペーパーがなくなったぞ!

キッチンペーパー:…

#5

6a91487ed7204926d50cbb1aedf01a7ac146a936

歯:新しい恋人を見つけたの。もう、さよならね。

歯ブラシ:何で?どうして?僕にないものが彼にはあるっていうのかい?

電動歯ブラシ:ブルルルルル!

#6

3f64ec67c8aa0242775186d7253f4f6fdb0704b4

男の心の声:ここは、ホントに暑いな。今から窓を開けるけど、たくさんの虫が中に入ってこないことを願うよ。

#7

393d0a80473df44aa68b65b3919cee60dad36f17

ターンテーブル:ねえ、いいかな。カユいとこに手が届かなくて。ありがとう。ああ。ちょっと待って、そこらへん。もう少し後ろだよ。そう、ちょうどそこ。

オーイェー。ここがスポットなんだよね。

#8

C83d75b2ba31b0406a5c62ee8af3380bc0cf84a6

男:コレ、今はやりたくないなぁ。でも、締め切りは二日後か。

脳:今日は、何か楽しいことをやろう。そうすれば、明日は、随分と楽にできるはずさ。

男:君もそう思う?

脳:もちろんさ!…ふふふ

#9

9ba0812f4cabae11deea632327e8afe57ffd1de5

販売員:もし、このクルマをお買い上げになるのが、まだ決まらないようでしたら、私からサンプルを提供しますよ。

客:サンプル?

#10

Fb5aa80b175bf503a8a6b5c3abe698d8e95c66b0

コーヒー:僕を飲めば、君たちはもっと生産的になれるよ!

一歩間違えれば、一瞬で君たちの仕事をぶち壊すこともできるけど。

ちなみにVincent の新作や別作品は、彼自身のFacebookInstagramでチェックすることもできる。もっと、もっと、ディープなブラックジョークを味わい人は、是非どーぞ。

Licensed material used with permission by Vincent Kunert, (PATREON), (Instagram)
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
2015年8月30日、イラストレーターの「シバタヒカリ(@sunny_615)」さんがツイートしたのは、8月28日に作者の身に起きた実際の出来事をマンガ化...
一度見たらクセになっちゃう。そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂い...
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
ロンドン在住のMaxwell Tilseさん(23歳・男性)は、いま旅の真っ最中。各地で作品を売りながら、ヨーロッパをまわっています。描かれた風景は、どれ...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
資生堂発のブランド「インテグレート」の新アイシャドウPRは、なんとweb少女マンガ形式。しかもユーザーによるセリフやコマの選択で結末が変化していく恋愛シミ...
Gudim Antonの描くのは、大なり小なりの差はあるけれど登場人物たちの「不運な出来事」をオチにしたマンガ。全て、セリフのないシーンだけなのだけど、じ...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
すでに広く報じられているように、2015年11月30日(月)、漫画家・水木しげるさんが93歳でこの世を去りました。『ゲゲゲの鬼太郎』や『河童の三平』、『悪...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキ...