その皮肉っぽさがクセになる。ブラックな漫画作品にニヤリ。

一瞬、明るいコミックかと思いきや、皮肉で毒っ気たっぷりのブラックジョークがまぶされた作品に出会った。

一癖あるコミック集『LOLNEIN』を世に送り出しているのは、イラストレーターのVincent Kunert。昔から人を笑わせるのが大好きだったという彼が描き出したシニカルな世界を覗いてみよう。

#1

688705265487ca427bd60700314af2c9b4821a26

太陽:なんで、最近、そんなにハッピーなんだい?

地球:やあ、太陽。最近、アースデイってのができてね。1年に1度、開催なのだけど僕にちなんで名づけられたんだ。君も僕がかなり重要だって分かってくれると思うよ。

太陽:そうかい。ところで、地球よ。今日は、何曜日だっけ?

地球:えっ、君は、たまにこんがらがるね!今日は、サンデ…あっ

#2

Ebb076ba4b98a4233be672a9102888f53662d11a

息子:お父さん、壁ってどこから作られるの?

父:せがれよ、それはだな。2人の人間がお互いに憎み合った時にだな…

#3

Bc51a3e5445020be052b4c73e3479a5e8ca31fd7

男:はーい、太陽!姿が見られて嬉しいよ。僕の休暇がはじまったばかりなんだよ!

太陽:なんて偶然!僕も休暇なんだよ!

#4

3e0a6eaaab14844d66b583fbbe8ca8da0a1094ed

家主:大変だ!トイレットペーパーがなくなったぞ!

キッチンペーパー:…

#5

6a91487ed7204926d50cbb1aedf01a7ac146a936

歯:新しい恋人を見つけたの。もう、さよならね。

歯ブラシ:何で?どうして?僕にないものが彼にはあるっていうのかい?

電動歯ブラシ:ブルルルルル!

#6

3f64ec67c8aa0242775186d7253f4f6fdb0704b4

男の心の声:ここは、ホントに暑いな。今から窓を開けるけど、たくさんの虫が中に入ってこないことを願うよ。

#7

393d0a80473df44aa68b65b3919cee60dad36f17

ターンテーブル:ねえ、いいかな。カユいとこに手が届かなくて。ありがとう。ああ。ちょっと待って、そこらへん。もう少し後ろだよ。そう、ちょうどそこ。

オーイェー。ここがスポットなんだよね。

#8

C83d75b2ba31b0406a5c62ee8af3380bc0cf84a6

男:コレ、今はやりたくないなぁ。でも、締め切りは二日後か。

脳:今日は、何か楽しいことをやろう。そうすれば、明日は、随分と楽にできるはずさ。

男:君もそう思う?

脳:もちろんさ!…ふふふ

#9

9ba0812f4cabae11deea632327e8afe57ffd1de5

販売員:もし、このクルマをお買い上げになるのが、まだ決まらないようでしたら、私からサンプルを提供しますよ。

客:サンプル?

#10

Fb5aa80b175bf503a8a6b5c3abe698d8e95c66b0

コーヒー:僕を飲めば、君たちはもっと生産的になれるよ!

一歩間違えれば、一瞬で君たちの仕事をぶち壊すこともできるけど。

ちなみにVincent の新作や別作品は、彼自身のFacebookInstagramでチェックすることもできる。もっと、もっと、ディープなブラックジョークを味わい人は、是非どーぞ。

Licensed material used with permission by Vincent Kunert, (PATREON), (Instagram)
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.59
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品...
一度見たらクセになっちゃう。そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂い...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
ロンドン在住のMaxwell Tilseさん(23歳・男性)は、いま旅の真っ最中。各地で作品を売りながら、ヨーロッパをまわっています。描かれた風景は、どれ...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...