ちょっとした「イヤミ」が、妙に心地いい漫画

他人の不幸と言えど心痛むこともあるし、常識のある人間なら笑って良いこと、悪いことの分別だってある。だけど、2次元の世界の出来事となると話は別である。

Gudim Antonの描くのは、大なり小なりの差はあるけれど登場人物たちの「不運な出来事」をオチにしたマンガ。全てセリフがないけれど、シーンを見ただけでじわじわと笑いがこみ上げてくる。もしツボにハマったのなら、我慢せずに思いっきり笑ってしまおう!

空気の読めなさも
ココまでくると……。

求めていたのは、そういうことじゃないよね?

 
すべてをさらけ出した挨拶

お互いの気持ちがわかるホンモノの親友にだけに見せる挨拶。

神様のイタズラ

海の神様が、いつもサーファーたちの味方とは限らない。

この苦しみ少しでも

こんな気持ちにさせた相手に特別なドリンク注ぐ。

見え方によっては

姿勢の悪さも胎児の時の姿と思えば……ね?

自分にないもの

高級車に乗って優雅にドライブ。一瞬、一瞬だけカッコよく見えたよね?

Licensed material used with permission by Gudim Anton
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
国連が掲げる「SDGs」の認知度を高めるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」が発足。発起人である浜田ブリトニーのもとに17名の有名漫画家が大集結。SD...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
ピンク色の豆の形をしたキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なこいつの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。イラストを描いてるのは、イギリス...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。