ちょっとした「イヤミ」が、妙に心地いい漫画

他人の不幸と言えど心痛むこともあるし、常識のある人間なら笑って良いこと、悪いことの分別だってある。だけど、2次元の世界の出来事となると話は別である。

Gudim Antonの描くのは、大なり小なりの差はあるけれど登場人物たちの「不運な出来事」をオチにしたマンガ。全てセリフがないけれど、シーンを見ただけでじわじわと笑いがこみ上げてくる。もしツボにハマったのなら、我慢せずに思いっきり笑ってしまおう!

空気の読めなさも
ココまでくると……。

求めていたのは、そういうことじゃないよね?

優雅なひと時の裏側

まさかの大ピンチ!

 
すべてをさらけ出した挨拶

お互いの気持ちがわかるホンモノの親友にだけに見せる挨拶。

神様のイタズラ

海の神様が、いつもサーファーたちの味方とは限らない。

芽生えかけた愛

何かと邪魔が入るふたりの関係。

イヤホンを忘れた時

音楽をどうしても聴きたいドクターの苦肉の策。

この苦しみ少しでも

こんな気持ちにさせた相手に特別なドリンク注ぐ。

見え方によっては

姿勢の悪さも胎児の時の姿と思えば……ね?

努力の末に

目指すのは鍛え抜かれたカラダだったはず。それっぽく見えればいいのか?

自分にないもの

高級車に乗って優雅にドライブ。一瞬、一瞬だけカッコよく見えたよね?

Licensed material used with permission by Gudim Anton
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
ピンク色の豆の形をしたキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なこいつの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。イラストを描いてるのは、イギリス...
どんなカップルでも、“ふたりの空気感”があるんだけど、一緒にいる時間が長いほど、漫才のような心地よい「あうんの呼吸」になる気がする。漫画家のSarah G...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
ユニークな福利厚生の紹介です。
資生堂発のブランド「インテグレート」の新アイシャドウPRは、なんとweb少女マンガ形式。しかもユーザーによるセリフやコマの選択で結末が変化していく恋愛シミ...
夏の暑さと梅雨の湿気で体が重い…というあなたへ。気軽にクスリと笑える「1コマ漫画」をお届けします。描いているのはLonnie Easterlingさん。約...
普段から、何気なく口にしている食べ物たちの声なき声が聞こえてきそう。キッチュなイラストを描いたのは、マレーシア在住のイラストレーターChow Hon La...
もしも、猫が大企業のCEOだったとしたら…。イギリス人漫画家Tom Fonder氏によるシュールなギャグ漫画のご紹介。これが、イギリスでは結構ウケているそ...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
夢を見たときの朝。なんとな〜く覚えているものの、“夢の記憶”がどんどん霧に覆われていくように徐々に忘れていってしまう。でも、それが幸せを感じるものだったら...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
Twitterでの公開後、約2週間で20,000以上の「いいね」を集めた“とある漫画”が面白すぎると話題に。描かれているのは、なんと「子宮の中の人たち」な...
何かと疲れる、年末年始。ちょっとささくれだった気持ちになりやすいけど、そんなときはちょっと立ち止まって漫画に触れてみるのはいかがでしょう。ニューヨークを拠...
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
日常の何気ない出来事をアニメや漫画のワンシーンのように作り上げるOscar Roguezの“ひとコマ漫画風”の写真。ちょっとお疲れのときでも、眺めていると...
人間の脳と心は親密につながり合って、あなたを動かす原動力となります。この漫画の中で、心はいつもココロ満たされていたいと思っています。かたや脳は、そんな心の...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
一瞬、明るいコミックかと思いきや、皮肉で毒っ気たっぷりのブラックジョークがまぶされた作品に出会った。一癖あるコミック集『LOLNEIN』を世に送り出してい...
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...