環境マンガ家による「楽しくSDGsを学べるイラスト展」

今年の芸術の秋は、楽しくSDGsを学べるアート鑑賞はどう?

イラストでSDGsの17の目標を表現した展示会「本田亮SDGsユーモアイラスト原画展~楽しく知る世界を変える17の目標~」が、10月16日まで東京・青山「伊藤忠青山アートスクエア」にて開催されている。

作品を展示をするアーティストは、環境問題をわかりやすく伝えるマンガ『エコノザウルス』や、今年6月にSNSで話題となった「日本赤十字社」の絵本アニメーション「ウイルスの次にやってくるもの」を手掛けた環境マンガ家・本田亮

原画作品は全部で40点。SDGsをテーマに、ユーモア溢れるキャラクターたちが優しいタッチで描かれ、子どもから大人までわかりやすく楽しめる内容となっている。

入場無料で気軽に立ち寄れるのもうれしいイラスト展。「SDGsという言葉は知っているけど内容は……」という人にとって、いい機会になるかも。

©特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会

本田亮SDGs ユーモアイラスト原画展~楽しく知る世界を変える17の目標~
【日時】2020年10月1日(木)~10月16日(金) 11:00〜17:00(月曜定休)
【会場】伊藤忠青山アートスクエア 東京都港区北青山2丁目3−1 B1F Itochu Garden
【料金】無料

Top image: © 特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事