お財布にも環境にもやさしい「フードロスアプリ」3選

「もったいない(mottainai)」は日本発祥で世界的に使われている言葉。しかし、もったいない」の生みの親である日本は、じつは食品廃棄大国だったんです。あーーー、もったいない!

そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得においしいものが食べれる」というサービス。しかも、アプリで簡単にはじめられるのだとか。

この記事では、そんなフードロスの現状や取り組みについて紹介します。

フードロスとは?

©joerngebhardt68/Shutterstock.com

フードロスとは、「本来食べられるのに廃棄される食品のこと」(出典:NPO法人日本もったいない食品センター)を意味します。他にも、「食品ロス」や「食品廃棄」と呼ばれることもあります。

農林水産省は、「ろすのん」というキャラクターと一緒に食品ロス削減国民運動を推進しており、食品ロスにまつわるデータを公開。そのデータによると日本の食品廃棄物等は年間2,550万t。その中でも、本来食べられるのに捨てられる「フードロス」は年間612万t。わかりやすく説明すると、国民全員が1日お茶碗一杯分のご飯を無駄にしてしまっている計算になります。

こうしたフードロスの半分以上は家庭から出るものではなく、レストランやコンビニなどのお店から出るもの。お店側が廃棄を減らす努力をしているのはもちろんですが、最近では出てしまった廃棄をいかに廃棄にしないかにこだわったサービスが注目を集めているようです。

▼参考記事はこちら▼

フードロスへの世界の取り組み

フードロスへの対策の先進国であるフランスは、法律で食品を捨てることを禁じています。スーパーなどで余ってしまった食品などは、フードバンクなどの援助機関に回され、食べ物に困っている人たちへ。また、食用として人に配ることのできなくなった食品は、家畜などの餌となって消費されています。

スペインでは、連帯冷蔵庫なるものが設置されています。連帯冷蔵庫とは、フードロスを出してしまった人が、食べ物を入れることができ、また食べ物がなく困っている人はそこから自由に出すことができる冷蔵庫。貧困者の援助とフードロスの削減が両立できる取り組みです。

オーストラリアの「OzHarvest Market」というスーパーマーケットでは、見た目の不揃いで破棄される予定だった商品を取り揃えています。驚くべきことには、こちらのお店では、買い手が値段を決めることができるのだとか。もともと捨てる予定のものだったからこそ、安く提供することができ、フードロスを減らすことに繋がっているのです。

▼参考記事はこちら▼

フードロス対策おすすめアプリ3選

おいしいご飯が定価の半分で食べることができて、それがフードロス削減に繋がっていたとしたらいいと思いませんか?

そんな一石二鳥が叶うアプリがあるのです。ここでご紹介するアプリは、どれもフードロスになってしまいそうな食べ物を安く提供しているサービス。用途に合わせて使ってみてくださいね。

01. TABETE

「TABETE 」は廃棄の危機にある食事を手軽にレスキューできるWebプラットフォーム。2019年度グッドデザイン・ベスト100や第7回グッドライフアワードの環境大臣賞優秀賞も受賞しています。アプリであらかじめ、欲しい商品を選択し、店頭でお受け取り。もともと1000円を超えている商品が500円くらいになっているなんてことも。詳しくはこちら>>>

▼参考記事はこちら▼

02. Reduce Go

「Reduce Go」は、月額制で1日2回までアプリ内に掲載されている商品をゲットできるシステム。月額1980円で制限回数内であれば何回でも購入できます。もし、毎日の昼ごはんと夜ご飯に使ったとしたら、朝ごはん以外でかかる食費が1980円という破格の安さに。値段を気にせずに、好きなものを購入できるなんて......!詳しくはこちら>>>

 

03. No Food Loss

「No Food Loss」は小売店舗などを中心にシェアを広げているサービス。つまり、スーパーやコンビニなどの商品を扱っており、元々の定価がやすいため、このサービス利用時の割引額が数十円になる商品も多数あります。No Food Lossは月額制ではないため、好きなときに利用が可能。アプリ内でクーポンをゲットして、そのクーポンを店舗で提示することで、格安で食品を手に入れることができるんです。詳しくはこちら>>>

まとめ

環境問題も食料不足問題も自分ひとりではどうしようもないほど大きなものに思えます。ですが、自分もレストランも環境もオールハッピーなフードロスアプリを使ってみることが、個人としての“小さな一歩”となるかもしれません。ぜひ、気軽に生活に取り入れてみてくださいね。

Top image: © iStock.com/SaskiaAcht
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
8月31日、米「Amazon」が「アメリカ連邦航空局(FAA)」からドローン配送サービスに対する認可を与えられた。これにより、かねてより構想を発表していた...
環境や社会に優しい消費行動をした人ほど値引きなどを受けられるというサービス「SDGsマイレージ」制度が今年の春よりスタート。
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
最近よく聞くSDGsで出てくるレジリエンスってどういう意味?この疑問にお答えします!
2018年の4月1日、バーガーキングはエイプリルフールのネタとしてチョコレート味のワッパーを開発したと発表。2020年の9月1日、台湾・台南に10年ぶりに...
「ABCクッキングスタジオ」より、新たにスタートした食品ロス削減のためのレッスンプログラム。料理教室のSDGsアクションに注目。
今年1月〜2月、横浜市内の「イトーヨーカドー」全店舗で「フードドライブ」を実施。家庭で余っている食べ物を持ち寄って地域の福祉団体やフードバンクなどに寄付す...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
「長田工業所」が自社の工場を開放して作った、溶接や金属加工で遊べて学べる溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」が、2、3号店をそれぞれ栃木と神奈川にオー...
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
国連が掲げる「SDGs」の認知度を高めるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」が発足。発起人である浜田ブリトニーのもとに17名の有名漫画家が大集結。SD...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
“より地球にやさしい”をコンセプトに展開する「Our Earth Project」。「車のエアバッグ」などをアップサイクルしたドイツのブランドや、「海洋廃...