学食でも「フードロス」の削減を。東京農大食堂に「TABETE」導入

食べ物は大切に。

このほど、グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が、いよいよ「学食」にも導入される。これは、国内初の試みだ。

「フードロス削減」をコンセプトに掲げるTABETEは、まだまだおいしく食べられるのに「捨てざるを得ない危機」にある飲食店の食事を、ユーザーが1品からお得に購入することによって「レスキュー」できるという仕組み。

現在、このシェアリングサービスには、20〜40代の働く女性を中心とした約16万人のユーザーと、飲食店や惣菜店を中心とした約320店舗が登録している。

このプラットフォームを国内で初めて学食に導入するのは「東京農業大学」世田谷キャンパスの学生食堂(生協食堂)「カフェテリア・グリーン」。ビュッフェ形式で料理を提供するコーナーがあるが、どうしても料理が余ってしまう日があることが課題だった。この余ってしまった料理を、大学生活協同組合がTABETEに出品し、学生や教職員が購入できるようにする。

「フードロス削減」は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にも記載され、日本政府が掲げる「SDGs実施方針」の優先課題としても位置づけられている。

TABETEを使うと、簡単に食料廃棄の削減に貢献することができ、食べ手も作り手も幸せになる。地球に優しい取り組みがまたひとつ始まった。

©Tokyo University Of Agriculture. All Rights Reserved.
©Tokyo University Of Agriculture. All Rights Reserved.
Top image: © Tokyo University Of Agriculture. All Rights Reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
今夏、全米の大学生の学生証に「メンタルヘルス相談窓口」の連絡先を記載することが法律で義務付けられた。この施策が若者のメンタルヘルス改善にどのような影響を与...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
テヘランとエスファハーンで行われているフードツアー、「Persian food tours」。市場などをまわったり、料理を作ったり。いつかイランを訪れた日...
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
元エンジニアが、たった一人で切り盛りする東京・神保町の食堂が話題を呼んでいる。ここが、行列の絶えない人気店かといえば、さにあらず。ところが、昼時のピークに...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...