フレッシュな野菜&果物の「フローズンスムージー」!フードロス削減にも貢献

フードテックのスタートアップ「デイブレイク」は、フードロスの食材を材料としたフローズンスムージー「PONO」をAmazonにて発売中だ。

小さな傷や少々整っていない形状から商品化されないフルーツをパウチしたナチュラルフローズンフルーツ「HenoHeno」の姉妹商品である「PONO」は、全国から取り寄せた余剰野菜や果物を急速冷凍して、パウチで真空化。

採れたてのフレッシュな状態がキープされているので、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどを加えてミキサーで混ぜることで栄養満点のスムージーがあっという間に完成する。

外出を自粛するムードが広がるなか、自宅で簡単に栄養を摂取でき、フードロスの削減もバックアップできる「PONO」で、おいしくやさしい社会貢献を。

フードロス フローズン スムージー
©デイブレイク

『PONO』
【商品展開】
・green(原材料:ケール/小松菜など、バナナ、レモン)
・blood(原材料:ビーツ、ピオーネ、りんご)
・purple(原材料:紫人参、デコポン、プルーン)
【価格】
3000円(全種類2パックセット計6パック/税抜き 送料込み)
【販売先】
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B085NVMTB3?ref=myi_title_dp

Top image: © デイブレイク
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
「美味しくフードロス削減」をコンセプトに、形や大きさ、キズなどの理由で廃棄されてしまう国産フルーツを特殊冷凍技術で作り変えたフローズンフルーツ「HenoH...
知名度が低い、規格外のサイズである、体に傷がついているなどの理由で利用されることなく廃棄されてしまっている「未利用魚」。「NEKOKAN」は、これらを“価...
「Pizza Hut UAE(ピザハット アラブ首長国連邦)」は「Earth Day」のイベントとして「SAVE THE WORLD AND EAT FR...
1月20日、、カタール航空ケータリング会社「Qatar Aircraft Catering Company(QACC)」は、フードバンク「Hifz Al ...
深刻化するフードロス問題。買い過ぎや作り過ぎで余った食材を簡単にシェアできるアプリ「OLIO」で“もったいない”をなくそう。
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
形の悪さや納期遅れを理由に、出荷できずに廃棄せざるを得ない野菜や果物をスムージーとしてオフィスに届けるサービス「Clean Smoothie」。月に2回、...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
食品ロスをゼロにつながる、オランダ発の次世代型真空パック機「Vacuvita 」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にてプロジェクト実施中。
東京駅にて、まだ食べられる食品を駅の従業員向けに販売する「レスキューデリ」の実証実験が開始された。この取り組みで、新たなエコシステムの構築を目指すという。
今年1月〜2月、横浜市内の「イトーヨーカドー」全店舗で「フードドライブ」を実施。家庭で余っている食べ物を持ち寄って地域の福祉団体やフードバンクなどに寄付す...
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
パンのフードロスを減らすパン専門の通販サイト「rebake」が、今夏よりグルテンフリーのパンや焼き菓子の定期便をスタート。消費が落ち込む日本のお米を原材料...
新型コロナウイルスの感染拡大防止による学校給食の取りやめを受け「うまいもんドットコム」を運営する「株式会社食文化」では、フードロスを削減すべく、給食の食品...
農作物の新たな価値を届ける企業「Link to Farmland」は、先月10日より、北海道・美瑛町で生産された規格外の野菜を再利用するプロジェクトをクラ...
「株式会社Mellow」が提供を開始した「フードトラックONE」は、フードトラック開業希望者に向けたサブスプリクションパッケージだ。
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「2020年のフードトラックトレンド」を教えてもらいました。
「ABCクッキングスタジオ」より、新たにスタートした食品ロス削減のためのレッスンプログラム。料理教室のSDGsアクションに注目。
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
スパイスのECサイトやカレーのレシピサイトを運営する「インターネットオブスパイス」と、“もったいない野菜”の瓶ソースを手がける「ファームキャニング」のコラ...