「フードロスが大嫌いな理由」料理人松田樹生の家庭料理

「寝ても覚めても料理がしていたい」

“もったいない料理人”こと松田樹生は、料理が好きすぎて、使える食材が減ったら悲しいという私的な理由でフードロスに立ち向かっている。また、まだ食べられる食材が無駄にされていることが耐えられないとも。

飢餓や環境問題といった社会的な意義からフードロスに立ち向かう料理人はいても、そんな動機でフードロスに取り組む料理人には出会ったことがない。

彼にかかれば、枝豆の皮やナスのヘタだって立派な食材になる。もちろん、味だって一級品だ。

日々食材の限界に挑戦し、どうすれば美味しく食べることができるのか、調理法を何パターンも繰り返す......。純粋な食材への愛が生む松田樹生の「フードロス削減料理」とは?

Q.「フードロス削減料理」ってなんですか?

僕がやっているフードロス削減料理は、まだ食べられるのに捨てられてしまう食材を活用した料理です。

フードロスといってもすごく幅が広くて、生産、流通、加工とかいろんな過程で無駄が出てくるんですよね。自分の場合、過剰除去されている野菜の皮やヘタ、魚のアラや血合、内臓といった食材を活用した料理を研究開発しています。そのほかにも、おからや酒粕といった廃棄されている副産物、市場に出回らない規格外の野菜や果物なんかも使っています。

たとえば、今はとうもろこしの芯に挑戦しているところです。出汁が出るだけじゃつまらないんで、焼いたり蒸したり揚げたりと試行錯誤を繰り返しています。その工程がめちゃめちゃワクワクする瞬間で、これをどう料理してやろうかって考えると、寝ることも忘れて熱中しちゃうんですよ(笑)。

その他にも枝豆の皮、ピーマンやパプリカの種、ナスやズッキーニのヘタとかを使った料理も研究しているところです。

肝は、“いかに家庭で再現しやすいか”ってところだと思っています。

食べてその料理に感動したら、つくり方を知りたくなるじゃないですか。知ればやれるのに、知らないだけなんですよね僕らって。

たとえば、ちょっと大きめのスーパーに行ったら、おからとか血合とか、内臓とかって安く売ってたりしますよね。でもみんな使い方がわからないから、買ってないだけだと思うんですよ。結局それで、ちょっとしか売れなかったり、廃棄されていたりするがもったいなくて。

11月21日(木)〜24日(日)「ツカノマノフードコート」でポップアップがあるのですが、その時は「ふっかつバーガー」をつくります。「血合いおからバーガー」と「規格外かぼちゃコロッケバーガー」の小さめバーガーのワンプレートセットで、挟む具は普段は捨てられる部位や規格外の野菜など廃棄食材のみ。“ふっかつ”した食材の可能性を体感していただける内容となっています。

Q. なぜ料理人?なぜフードロス削減?

©2019 NEW STANDARD

TVアニメにもなった漫画『ミスター味っ子』に憧れて料理を始めました(笑)。料理にハマったのは小学2年生の時で、当時僕があまりにも楽しそうに料理をしているから、親が料理コンテストに応募してくれて、『TVチャンピオン』(テレビ東京)の料理大会とかにも出たことあります。

『TVチャンピオン』は自分が小学校6年生の時に出たんですけど、小学3年生の女の子にすっごい料理の上手な子がいて、ボロ負けしたんですよね。そこで火がついちゃって、家でも今まで以上に料理ばっかりするようになりました。ほんと自分でもよく飽きないなと思いますよ(笑)。

フードロス削減料理に目覚めたのは高校生の時ですかね。九州の「頭料理」って知ってますか?ハタやクエといった魚のエラや内臓とかを使う料理なんですけど、「こんなところも食えるんだ!」って衝撃を受けたのを今でもよく覚えています。料理オタクの僕はその時、「もっといろんな調理法があるんじゃないかな」と思ったんです。

日本だけでもまだまだ知らない食材や調理法があるんだから、世界の郷土料理とかまでいったら、それだけで相当な量のフードロスが減るんじゃないかなと。

Q. 今後やりたいこと、ビジョンについて教えてください

地道かもしれないけど、フードロスについて発信することで「その捨てている食材、まだ食べられるよ」ってことを知って欲しい。美味いし、安いし、ゴミ減るし、おまけに栄養価高かったりもするし、「なんで捨てるの!?」って感じですよ。

自分で店を持ちたいとか一切思っていないです。フードロスが減るならなんでもいい。

フードロス削減のために、まだまだガッツリ修行をしないと!と思っています。僕は和食屋で2年半修行していたんですけど、その技術だけだと足りないから、これからフレンチとか中華も勉強したい。あらゆるジャンルの料理の技術を組み合わすことができれば、フードロスをもっとなくせるんじゃないかと思うんですよ。今後は捨てられた食材で料理する企画とかもやっていきたいですね。

松田樹生

料亭にて二年半修行していたが辞めて、もったいない料理人 の名でケータリング、弁当、ポップアップなどをしてる。

今回の料理のページ:https://www.biime-store.com/post/

もったいない料理人Twitter:https://twitter.com/1ove_f00d 

note:https://note.mu/1ovef00d 

フードロス食材から生まれる、新料理レストラン

・11月21日(木)〜24日(日)18:30〜23:00

「ツカノマノフードコート」

【住所】東京都渋谷区神泉町20-21 第一ミドリマンション 1階

【営業時間】18:30-23:30 (ラストオーダー23:00)

※日によって営業時間が変わるためカレンダーや公式SNSでご確認ください

Twitter: https://twitter.com/TsukanomanoFood

Instagram: https://www.instagram.com/tsukanomanofood

4ヵ月限定で渋谷区神泉に登場した「ツカノマノフードコート」の“ネオ料理人”を特集。彼らが生み出す型破りで自由そしてなにより美味しい料理を見逃すべからず!
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催。会期は2月26日〜6月14日まで。彼の世界観を体感できる貴重な機会です。
10月14日、4ヵ月限定のフードコート、その名も「ツカノマノフードコート」が渋谷にオープン。新ジャンルの創造を目指すお店や、普段はお店を持たない飲食ユニッ...
次のトレンドをつくるかもしれない「ネオ料理人」のひとり、横山祥太郎をインタビュー。専門学校で寿司を学び、フリーランスのラーメン屋になった料理人が考案する「...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
12月20日、「UNIT + B1FLAT」にて23時から「ライゾマティクス」がオーガナイズするイヤーエンドパーティーが開催。なかなかのアツい夜になりそうだ。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
「Fxxking Rabitts(#FR2)」の新たなプロジェクト「メニュー女子」は、女の子と料理をからめた写真集。8月7日〜8月19日に実施される「WI...
フレンチシェフの業界で、これからを牽引するんじゃないかという注目すべき日本人シェフが、パリにいた……。