【幸せの連鎖】料理したい人と、食べたい人をマッチングするSNS「Feastly」

SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Feastly」は、それらと同じように「食事」をシェアできるサービスなんです。

具体的には、まず料理を振る舞いたい人がwebサイトにメニューを投稿。もし内容と価格が気に入ったら、実際に予約して食べに行けるという仕組み。

この人の料理を食べに行こう!

7ba05e71f405cbc5bc5300d68ed3c924827208b72f90445c282c69ca72ad01c2c2824d57829ea4ed

アップされたメニューのクオリティはどれも高そう…。トップページには予約できる日時とメニューがズラリ。

「自家製パスタとボロネーゼ」なんて家庭的なものから、「愛の昆虫食:持続可能な未来の食事」なんて前衛的なメニューも。実際に中を覗いてみましょう。

0c69084e37a0cf12e29c6265d29eb71e9ede08f5

※表示される画像をまとめています

ページには、コースの詳細や使用する食材などが表示されます。画像はシェフによって違いますが、どれも美味しそう。下にスクロールするとつくり手のプロフィールや品書きが。

305eb8abcf80146c0db2a85cd1b0cc1cee15e3d8

自家製パスタとボロネーゼ。40ドル(4,500円)。

2a6f67ee808bf244eafdbd353e77c2dfc26d9160

・ビーツとクルミのディップ

・ローストキャロットに、焦がしバターとシアントロをのせた小皿

・自家製パッパルデッレのボロネーゼ

・リコッタクレープケーキ

4e67ed280f7afb13ffeb03856ad9e6a39c8fc4b0

これまでに参加した、もしくはホストした食事の詳細から、どんなシェフが腕を振るうのかがわかります。これまでの評判もチェック可能。

残念ながら、利用可能なエリアは、ニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントンD.C.に限られています。が、外食するスポットを選ぶ新しい方法として親しまれている模様。オンラインで決済が済むのも手軽で安心ですね。

気になるのは食の安全性ですが、同サイトには、登録にあたり厳しいガイドラインを設けて本人確認を行なっているとあります。もし日本で展開する場合、資格の有無や、各種登録の必要性が課題になりそうですが、自宅の周りに個人レストランが急増しちゃうかもしれません。料理をきっかけに近所付き合いがスタート…なんてこともあるかも?「あのレストランに行こうよ」という会話のほかに、「この人のコースを食べに行こうよ!」なんて選択肢ができるのは楽しみです。

ちなみに、前述した「愛の昆虫食」ページには、「黄金のミールワーム」「昆虫のディップ」「昆虫のパスタ」「昆虫チョコレートのウーピーパイ」など、キャッチーな料理が揃っていました。新開発したメニューの発表や未知の食文化を体験する場所としても貴重な場となりそうですね。

Licensed material used with permission by eatfeastly
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
幸せ。それは誰もが願うことですが、意外と日常に転がっているものだとも言えます。コーヒーがおいしかったとき、お散歩に出かけたらいい天気だったとき、洋服がキマ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
幼稚園以来、じつに30年ぶりの再会を果たしたカップルが、アメリカ全土で話題となっています。ただの再会では誰も騒ぎませんよね。じつは彼ら、マッチングサービス...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
昨日の夕食は何を食べましたか?そして、今日の夕食は何を食べますか?SNSにはおしゃれなディナーや手の込んだ手作り料理の写真が並んでいるけど、みんながみんな...
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...