庶民感がない、アメリカ人女性の「卵かけごはん」。

生卵、ごはん、醤油というシンプルな材料。思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。

だけどどうしても拭えないビジュアルの地味さと庶民感...。ゆえに今まで卵かけごはんは一人でこっそり食べるものであって、人様に見せられるものではないと思っていた。そんな私の偏見を取り去ってくれたのが、アメリカ・テネシー在住のトラベルブロガーBeth Kirbyさんが作った「TAMAGO KAKE GOHAN」でした。

実は、優秀なファーストフードだった。

何度か日本を訪れたことがあり、独学で日本食も学んでいるというBethさん。食器のセレクトやスタイリングも相まって、なんだか卵かけごはんが上等なものに見える...。

トッピングや混ぜ方など、人それぞれにこだわりどころがあると思いますが、BethさんのTAMAGO KAKE GOHANには、ふりかけがマスト!醤油以外に、みりんも垂らすと美味しいらしい。その他にもトッピングのアイディアとして、刺身(サーモン・マグロ・ハマチ)、梅干し、漬物、小ねぎ、スライスオニオン、アボカドなんかを挙げている。アボカドや刺身は、海外から見た「SUSHI」的発想だろうか。一度試してみたい。

彼女がブログのなかで卵かけごはんについて「すぐ出来て簡単なのに、クリーミーで香りがよく、旨味があってパーフェクト」と書いているのを見て、改めて卵かけごはんを見直してしまった。身近すぎて気づかなかっただけで、実は卵かけごはんって日本の誇るべきファストフードなのかもしれない。

Licensed material used with permission by local milk(Blog), (Instagram)
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
忙しい朝の強い味方、たまごかけごはん(TKG)。卵は体に必要な栄養素のほとんどがバランスよく含まれている完全栄養食です。時間がない時こそ、しっかりと栄養を...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
時間のとれる週末の朝におすすめしたい卵料理がこちら。「メネメン」というトルコ版スクランブルエッグです。え?と思うでしょう、でもねアレンジ次第でこれだけゴー...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
炒めるだけのシンプルな料理だからこそ、それぞれこだわりも強くなりますよね。これらのポイントを抑えれば、簡単にパラパラになりますよ!
日ごろの疲れを癒すように、体を気遣った料理を朝から食べられたなら。それこそ充実した1日の始まりに欠かせないのが、こんな朝ごはんです。そこで、いつもとはちょ...
名称は「ウェボス・ディボルシアードス」。