朝の定番メニューをミックスさせた卵料理

朝ごはんの定番メニューにヨーグルトや卵料理を挙げる人は多いかと思います。もちろん、それぞれ食べますよね。けれど世界は広かった!

スパイシーな刺激でお目覚め

©iStock.com/alpaksoy

「卵」と「ヨーグルト」これをがっちゃんこさせてしまう、こんな朝メニューがありました。ポーチドエッグを器に盛って、ヨーグルトやバター、スパイスをふって食べる「ポーチドエッグ・チュルブル」というもの。

れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。スパイシーな刺激で、一日の活力を生んでくれそう。

まずは鍋にお湯を沸かしたら、そこに生卵を割り入れてポーチドエッグをつくります。

ボウルにプレーンヨーグルト(100g)におろしニンニクを小さじ半分、お塩(こちらは適量)を入れてよく混ぜておきます。別のボウルに溶かしバター(10g)とパプリカパウダー (適量)、チリペッパー(適量)、あとは粗挽き黒コショウを少々。こちらもよく混ぜておきます。

器にポーチドエッグを盛って、それぞれのボウルにつくったソースをかけて、チリペッパー、黒コショウをふって完成です。

Top image: © iStock.com/alpaksoy
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
クリーニングやコインランドリーにいかずとも、おうちのシャワーだけで布団に蓄積する、汚れやダニや花粉をさっと洗い流せる「ふとん」が誕生。
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
「THE NORTH FACE」から女性向けマタニティウェアの新作が登場。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
お菓子づくりで重宝するマフィン型ですが、それ以外まったく出番がないなんてモッタイナイ!
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
業務用家具メーカー「アダル」が、100%国産の天然い草によるサステイナブルな家具「Look into Nature 」シリーズに新たな3モデルを追加。
「コカ・コーラ」の自販機で、キンキンに冷えた「冷感マスク」が購入可能に。販売されるマスクは、抗菌、吸湿速乾、消臭、遠赤外線放出、UVカットなどの機能を備え...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
「Fxxking Rabitts(#FR2)」の新たなプロジェクト「メニュー女子」は、女の子と料理をからめた写真集。8月7日〜8月19日に実施される「WI...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...