なんで今まで気づかなかったんだろう。「卵焼き」で手軽にカルボナーラ!

カルボナーラといえば、生クリームを使わず、茹で上がったパスタに卵黄とチーズを絡めるのが鉄板レシピですよね。濃厚な味わいがたまりませんっ!でもパサパサしてしまったり、濃厚さが足りず水っぽくなったり……意外と難しい。

ところが「Food52」でRhondaさんが紹介するのは、半熟のフライドエッグ(つまり卵焼き)をパスタに絡めるスタイル。言われてみれば、卵黄さえ絡められていれば立派なカルボナーラです。

目玉焼きが“朝食”を連想させるからか、「朝食にも向いてそうね」などのコメントや、「アメイジング!」「おいしくてワインも二杯目よ」なんて感想も寄せられているのだとか。

試してみたら、変化球を加えたこのカルボナーラのほうが気に入ってしまうかもしれませんね。

「卵焼き」と「パンくず」で
絶品カルボナーラ

6563316893745152
Photo by Ren Fuller

私は『Naples at Table』(Arthur Schwartz著)を読み、卵焼きで作るカルボナーラの素晴らしさを知りました。
このレシピに夢中になったのは、私の旦那がアメリカ軍で遠くに配置され、知らない地でひとり暮らしをしていたとき。こればかり作っていたので、姉のアマンダは私にこのレシピの禁止令を出そうとしたほど。私は自分の舌に合うよう少しずつアレンジを加え、このレシピと出会って早10年が経ちました。

パスタをコーティングする卵黄。ニンニクと胡椒が効いたパスタに膨らみを持たせる卵白。カリカリとした食感をプラスするパングラッタート(パン粉)にレモンとローズマリーでパンチを効かせれば、出来上がり。本当にこのパスタが大好きなんです。

ちなみにパングラッタート(パン粉)は、魚料理や、ほかのパスタにもGOOD。マッシュルームサラダなんかにも合いますよ。いつも多めに作り置きして冷蔵保存しています。とっても簡単に作れるだけでなく、安く済む逸品です。

まずは、トッピングのレシピから。
〈パングラッタート(1人分)〉

<材料>

オリーブオイル:大さじ2杯

開封したて、もしくは硬くなったパンのくず:1/3カップ

みじん切りにした新鮮なローズマリーの葉:小さじ2杯

レモンの皮の小片:1/2個

<作り方>

1. 大きめのフライパンを中火にさらし、オリーブオイルを大さじ2杯垂らす。

2. パンくずを入れ、カリッと黄金色に焼きあがるまで4〜5分焼く。

3. ローズマリーを投入したらフライパンをコンロから外し、冷ます。

4. レモンの皮の小片を混ぜ、横に置いておく。

 

早速、特製カルボナーラを作りましょう!
〈スパゲッティと卵(1人分)〉

<材料>

スパゲッティ:115g

オリーブオイル:小さじ1杯

無塩バター:大さじ1杯

ニンニク:2かけ(みじん切りにしておく)

卵(大):2個

イタリアンパセリ:大さじ2杯(細かく刻んでおく)

ケッパー:小さじ1杯(乾いた状態)

新鮮な胡椒:味付け程度

ペコリーノ・ロマノチーズ:1/4カップ(粉状)

<作り方>

1. 大きな鍋を使って、お湯を沸かす。塩はたっぷり投入。パスタは包装に記載されている手順で、アルデンテに仕上げる(ちなみに私は記述されているものより1分短めに茹でます)。

2. パングラッタートのフライパンを拭き取り、オリーブオイル大さじ1、バター大さじ1を入れて、中火で溶かす。

3. ニンニクを投入し、その直後に卵をフライパンの上で割る。

4. 必要であれば、火を弱める。ニンニクを焦がさないようにしながら、卵白にはしっかり火を通し、卵黄は半熟に仕上げる。

5. パスタのお湯を切る。茹で汁は後ほど使うために1/2カップ取っておく。

6. パスタを鍋に戻し、フライパンで焼いた卵と脂分をすべて投入。パセリとケッパーも入れて、卵黄を割りながらかき混ぜる。もう少し水気が欲しい場合は、先ほどの茹で汁を少し入れる。

7. パスタと卵をプレートに盛り付ける。胡椒でよく味付けをし、パングラッタートの上にすりおろしたチーズを乗せる。

8. あとはワインをお供に、味わうのみ!

6075799987814400
Photo by Ren Fuller
Top Photo by Ren Fuller
Written byRhonda35
Licensed material used with permission by Food52
卵焼きのために作られた、日本ならではの調理器具「卵焼き器」。じつはいろいろな料理に使える万能器具なんです。いつもはオーブンや専用の鉄板で作っていた料理も、...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
これは、文句なく美味いはず!あの「カルボナーラ」のスパゲッティをごはんに代えた、通称「めしボナーラ」なる料理が存在した。チャーハンのようでいて、さにあらず...
大豆ミート、ソイミルク、エナジーバーなど。近年、脚光を浴びている大豆食品ですが、私たちの食文化には、古くから貴重なタンパク源として大豆を加工した食品があり...
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
まだまだ人気のお弁当デコ。作ってもらった人が喜んでくれるのはもちろん、自分も楽しめるのでハマる人が続出しています。しかし、たまにSNSなどで見かけるクオリ...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
日本家庭のほぼ一家に1台が保有していると言われる、家電の王様「電子レンジ」。平成21年度とちょっと古いデータですが、総務省が発表した「全国消費実態調査」に...
一般的なポップコーンのつくり方は、熱したフライパンに油やバターを溶かして、ポップコーン豆を弾けさせていく方法。それをもっと手軽に、さらに風味豊かなアレンジ...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
イタリア南部のローカルフード。「ピザトースト」なんて呼ばないで。このクオリティならばお腹もココロも同時に満たしてくれるはず!
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...