なんで今まで気づかなかったんだろう。「卵焼き」で手軽にカルボナーラ!

カルボナーラといえば、生クリームを使わず、茹で上がったパスタに卵黄とチーズを絡めるのが鉄板レシピですよね。濃厚な味わいがたまりませんっ!でもパサパサしてしまったり、濃厚さが足りず水っぽくなったり……意外と難しい。

ところが「Food52」でRhondaさんが紹介するのは、半熟のフライドエッグ(つまり卵焼き)をパスタに絡めるスタイル。言われてみれば、卵黄さえ絡められていれば立派なカルボナーラです。

目玉焼きが“朝食”を連想させるからか、「朝食にも向いてそうね」などのコメントや、「アメイジング!」「おいしくてワインも二杯目よ」なんて感想も寄せられているのだとか。

試してみたら、変化球を加えたこのカルボナーラのほうが気に入ってしまうかもしれませんね。

「卵焼き」と「パンくず」で
絶品カルボナーラ

Photo by Ren Fuller

私は『Naples at Table』(Arthur Schwartz著)を読み、卵焼きで作るカルボナーラの素晴らしさを知りました。
このレシピに夢中になったのは、私の旦那がアメリカ軍で遠くに配置され、知らない地でひとり暮らしをしていたとき。こればかり作っていたので、姉のアマンダは私にこのレシピの禁止令を出そうとしたほど。私は自分の舌に合うよう少しずつアレンジを加え、このレシピと出会って早10年が経ちました。

パスタをコーティングする卵黄。ニンニクと胡椒が効いたパスタに膨らみを持たせる卵白。カリカリとした食感をプラスするパングラッタート(パン粉)にレモンとローズマリーでパンチを効かせれば、出来上がり。本当にこのパスタが大好きなんです。

ちなみにパングラッタート(パン粉)は、魚料理や、ほかのパスタにもGOOD。マッシュルームサラダなんかにも合いますよ。いつも多めに作り置きして冷蔵保存しています。とっても簡単に作れるだけでなく、安く済む逸品です。

まずは、トッピングのレシピから。
〈パングラッタート(1人分)〉

<材料>

オリーブオイル:大さじ2杯

開封したて、もしくは硬くなったパンのくず:1/3カップ

みじん切りにした新鮮なローズマリーの葉:小さじ2杯

レモンの皮の小片:1/2個

<作り方>

1. 大きめのフライパンを中火にさらし、オリーブオイルを大さじ2杯垂らす。

2. パンくずを入れ、カリッと黄金色に焼きあがるまで4〜5分焼く。

3. ローズマリーを投入したらフライパンをコンロから外し、冷ます。

4. レモンの皮の小片を混ぜ、横に置いておく。

 

早速、特製カルボナーラを作りましょう!
〈スパゲッティと卵(1人分)〉

<材料>

スパゲッティ:115g

オリーブオイル:小さじ1杯

無塩バター:大さじ1杯

ニンニク:2かけ(みじん切りにしておく)

卵(大):2個

イタリアンパセリ:大さじ2杯(細かく刻んでおく)

ケッパー:小さじ1杯(乾いた状態)

新鮮な胡椒:味付け程度

ペコリーノ・ロマノチーズ:1/4カップ(粉状)

<作り方>

1. 大きな鍋を使って、お湯を沸かす。塩はたっぷり投入。パスタは包装に記載されている手順で、アルデンテに仕上げる(ちなみに私は記述されているものより1分短めに茹でます)。

2. パングラッタートのフライパンを拭き取り、オリーブオイル大さじ1、バター大さじ1を入れて、中火で溶かす。

3. ニンニクを投入し、その直後に卵をフライパンの上で割る。

4. 必要であれば、火を弱める。ニンニクを焦がさないようにしながら、卵白にはしっかり火を通し、卵黄は半熟に仕上げる。

5. パスタのお湯を切る。茹で汁は後ほど使うために1/2カップ取っておく。

6. パスタを鍋に戻し、フライパンで焼いた卵と脂分をすべて投入。パセリとケッパーも入れて、卵黄を割りながらかき混ぜる。もう少し水気が欲しい場合は、先ほどの茹で汁を少し入れる。

7. パスタと卵をプレートに盛り付ける。胡椒でよく味付けをし、パングラッタートの上にすりおろしたチーズを乗せる。

8. あとはワインをお供に、味わうのみ!

Photo by Ren Fuller
Top Photo by Ren Fuller
Written byRhonda35
Licensed material used with permission by Food52
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
卵焼きのために作られた、日本ならではの調理器具「卵焼き器」。じつはいろいろな料理に使える万能器具なんです。いつもはオーブンや専用の鉄板で作っていた料理も、...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
これは、文句なく美味いはず!あの「カルボナーラ」のスパゲッティをごはんに代えた、通称「めしボナーラ」なる料理が存在した。チャーハンのようでいて、さにあらず...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...