【とろ〜り濃厚】カルボナーラトーストにハマりそう・・・

Instagramで話題の「カルボナーラトースト」は、いつものトーストに一手間加えるだけで完成するリッチな朝ごはん。チーズやベーコンに、とろ〜り半熟卵…これが美味しくないわけありません♪

旨すぎ、危険。
“テッパン”の組み合わせ!

スクリーンショット 2016-01-08 12.42.05

<材料>食パン、マヨネーズ、卵、チーズ、ベーコン

作り方は簡単。まずは、食パンのふちをマヨネーズでなぞって“枠”を作り、その中に卵を落とします。トースターで5分ほど焼いた後にチーズとベーコンを乗せ、チーズがとろけるまで再び焼くだけ。そうすれば、上のような絶品「カルボナーラトースト」が出来上がるというわけです。

スクリーンショット 2016-01-08 12.41.46

こちらは“じっくり”焼いたバージョン。コーヒーと合わせるなんて優雅です!

スクリーンショット 2016-01-08 12.42.17

サラダやフルーツと一緒に盛り付ければ、見た目も鮮やか。

スクリーンショット 2016-01-08 12.42.26

こんなに分厚いパンを使えば、忙しくてバタバタした日の夕食としても重宝しそう!?

スクリーンショット 2016-01-08 12.42.36ちなみに、仕上げにはブラックペッパーや粒マスタードを使うのもオススメなのだそう。あなたも、濃厚でクリーミーなカルボナーラトーストの虜になるかもしれませんね!

Licensed material used with permission by flower_red_ggharapekosan0816evepi10garageu1 m11sun

鉄板のカルボナーラはもちろんおいしいけど、自宅で作るならば、変化球を加えたコチラのほうが気に入ってもらえるかもしれません!
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
おやつとしてではなく、朝ごはんとしても人気のフレンチトーストは、栄養バランスも満点なんです。アレンジ次第で、健康にも美容にも効果が期待できる「朝からフレン...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
卵と牛乳の比率が適当だったり、パンもなんとなくで選んでいたりすると、うまくなんてつくれません。でもこの5つのコツを参考にすると、フレンチトーストに失敗する...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
その名はモンティクリスト。昨年ごろから何かと話題になっているソレを大まかに説明するならば、「フレンチトースト+クロックムッシュ」といったところでしょうか。...
これは、文句なく美味いはず!あの「カルボナーラ」のスパゲッティをごはんに代えた、通称「めしボナーラ」なる料理が存在した。チャーハンのようでいて、さにあらず...