朝とも昼ともつかない「ごちそうスクランブルエッグ」をどうぞ

時間のとれる週末の朝におすすめしたい卵料理がこちら。「メネメン」というトルコ版スクランブルエッグです。え?と思うでしょう、でもねアレンジ次第でこれだけゴージャスになる。つまり朝食にも昼食としてもいける、この「ごちそう感」が推しなんです。

このメネメン、本場トルコでは朝の定番。トマト、ピーマン、玉ねぎを入れたボリュームたっぷりのスクランブルエッグです。赤、黄、緑といろどりもじつに鮮やか。ハード系のパンと一緒にどうぞ。

<材料>

・卵:1個
・玉ねぎ:1/4個
・トマト:1個
・ピーマン:1個
・塩こしょう:適量
・オリーブオイル:大さじ1/2
・バター:3g

 <つくり方>

みじん切りにした玉ねぎ、5ミリ角に切ったトマト、ピーマンを用意。フライパンにオリーブオイル、玉ねぎを入れて中火で熱し、透き通ったらピーマンを加え、全体に油が回ってからトマトを加えます。これで弱火で5分。

そこに卵を溶いて加え、鍋肌の卵が固まってきたら、優しく混ぜて半熟状態に。このタイミングで火を止めてバターを入れ、塩こしょうで味をととのえれば完成です。

卵黄の脂質やコレステロールを気にしている人はもちろん、そうじゃない人でもあえてつくりたい卵白オンリーの白いたまご焼き!おいしくつくるポイントは「チーズ」。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
名称は「ウェボス・ディボルシアードス」。
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
エッグ・イン・ザ・ベーグル!その名のとおりの朝食「目玉焼き in ベーグルの”穴”」です。ものすごく合理的で簡単だから、忙しい朝でもプチ豪華な朝食になりますよ。
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
お菓子づくりで重宝するマフィン型ですが、それ以外まったく出番がないなんてモッタイナイ!
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
「YELLOW BLANK MARKET」が、新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛を受けてオンラインクラブを始動する。それに伴って4月3日〜5日の...
卵と牛乳の比率が適当だったり、パンもなんとなくで選んでいたりすると、うまくなんてつくれません。でもこの5つのコツを参考にすると、フレンチトーストに失敗する...
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
数年前に話題となった“LAセレブに愛される朝食”を生んだ店「eggslut(エッグスラット)」が、9月13日、新宿サザンテラスにオープン。看板メニューをは...
フェイクミートが市民権を得たアメリカで、次なる動物性不使用製品としてフェイクエッグが注目されている。この記事で紹介するのはその代表格である「JUST Eg...
「Fxxking Rabitts(#FR2)」の新たなプロジェクト「メニュー女子」は、女の子と料理をからめた写真集。8月7日〜8月19日に実施される「WI...
注いだ飲み物によって色が変ってしまうほど薄く、まるで「照明器具?」と疑いたくなってしまうような有田焼磁器を知っているでしょうか。江戸時代から明治時代にかけ...