朝とも昼ともつかない「ごちそうスクランブルエッグ」をどうぞ

時間のとれる週末の朝におすすめしたい卵料理がこちら。「メネメン」というトルコ版スクランブルエッグです。え?と思うでしょう、でもねアレンジ次第でこれだけゴージャスになる。つまり朝食にも昼食としてもいける、この「ごちそう感」が推しなんです。

このメネメン、本場トルコでは朝の定番。トマト、ピーマン、玉ねぎを入れたボリュームたっぷりのスクランブルエッグです。赤、黄、緑といろどりもじつに鮮やか。ハード系のパンと一緒にどうぞ。

<材料>

・卵:1個
・玉ねぎ:1/4個
・トマト:1個
・ピーマン:1個
・塩こしょう:適量
・オリーブオイル:大さじ1/2
・バター:3g

 <つくり方>

みじん切りにした玉ねぎ、5ミリ角に切ったトマト、ピーマンを用意。フライパンにオリーブオイル、玉ねぎを入れて中火で熱し、透き通ったらピーマンを加え、全体に油が回ってからトマトを加えます。これで弱火で5分。

そこに卵を溶いて加え、鍋肌の卵が固まってきたら、優しく混ぜて半熟状態に。このタイミングで火を止めてバターを入れ、塩こしょうで味をととのえれば完成です。

卵黄の脂質やコレステロールを気にしている人はもちろん、そうじゃない人でもあえてつくりたい卵白オンリーの白いたまご焼き!おいしくつくるポイントは「チーズ」。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
名称は「ウェボス・ディボルシアードス」。
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
発売後即完売となったアイランドジン。沖縄の恵みが詰まっています。
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
エッグ・イン・ザ・ベーグル!その名のとおりの朝食「目玉焼き in ベーグルの”穴”」です。ものすごく合理的で簡単だから、忙しい朝でもプチ豪華な朝食になりますよ。
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
今年で40周年を迎えるアイスキャンディー「ガリガリ君」の新味「ガリガリ君ジンジャーエール」と「ガリガリ君レモンスカッシュ」が今月19日(火)から全国発売。
三重県鈴鹿市の養鶏農家「エッグハウス川北」がつくる「たまごジャム」
お菓子づくりで重宝するマフィン型ですが、それ以外まったく出番がないなんてモッタイナイ!
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
卵と牛乳の比率が適当だったり、パンもなんとなくで選んでいたりすると、うまくなんてつくれません。でもこの5つのコツを参考にすると、フレンチトーストに失敗する...
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
海外で人気を集めるオンラインフィットネスPeloton(ペロトン)。エアロバイクやトレッドミルを駆使したサービスで本格的なトレーニングができると話題に。利...
フィリピンを拠点に活動するシンガーソングライター「((( O )))(The Sundrop Garden)」は、太陽光発電で自前のツリーハウススタジオを...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
数年前に話題となった“LAセレブに愛される朝食”を生んだ店「eggslut(エッグスラット)」が、9月13日、新宿サザンテラスにオープン。看板メニューをは...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
持続可能な漁業の普及に取り組む非営利団体「海洋管理協議会(MSC)」が、世界の有名シェフによるサステイナブルなレシピを公開中。
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...