あえて黄身はまぜない「真っ白スクランブルエッグ」

卵黄を使わず、卵白だけでつくる真っ白なスクランブルエッグを食べたことありますか?

なんでわざわざ卵白だけ?と思うかもしれませんが、ストイックに筋トレをしている人は、卵黄は食べずに卵白だけ摂っている人も多いですよね。またコレストロール値が高い人にとっては卵白のみのほうがヘルシーですし。

でも「エッグホワイトスクランブル」って、ぶっちゃけマズいよね、と「Food52」のMarian Bullさん。というわけで、彼女が試行錯誤をしながら考案した、ぜったいに美味しくいただけるフワッフワ「エッグホワイトスクランブル」のつくり方をご紹介!

あえてつくりたい!
"真っ白"なたまご焼き

6404146580160512
© iStock.com/LauriPatterson

卵白の使い道は、もちろんメレンゲ以外にもたくさんあります。泡立てたり(ほとんどこれ)、焼いたり。クリームたっぷりのメレンゲケーキもその1つですが、最近体重が増えてしまったので、つくろうとは思いませんでした。ダイエット中は卵白に豊富に含まれるたんぱく質をしっかり摂取したいですからね。

というわけで、私は卵白で上手にスクランブルエッグをつくるコツを探ることにしました。なんせ卵白だけを焼くと、見た目がぐちゃぐちゃになっていつもガッカリしていましたから。

卵白が誇るべき点といえば、摂取できるたんぱく質の量くらい。あとはカロリーが低いところ。正直とくにクセになる味でもありませんし、一瞬にしてゴムっぽい質感になっちゃいますしね。

ですが、卵白をおいしくいただける方法を見つけ出したのです。
コツは、オイルかチーズなど、すこ〜しだけ脂を加えること。あとは黒こしょうやスパイス、ネギ、それからハーブなど、好きな調味料を加えるだけ。

丁寧に調理してあげれば、固めでシャープなチーズのように固まってくれます。穀物入りのパンにも合いますし、一気に朝ごはんがゴージャスになりますよ。でも、ゴージャスすぎないところがまたいいんです。

作り方

4766038268837888
© 2016 Food52

【1】卵は3〜4つほど用意。卵とひとつまみの塩をボウルに入れて、フォークで混ぜる。

【2】エッグホワイトスクランブルをつくるには、テフロン加工のフライパンが◎。鉄製のフライパンよりも扱いやすく、オイルもそこまで必要ないため、黒ずむ心配もなし。まず、オリーブオイルもしくはバター(またはギーでも)を小さじ1〜2入れて、中火〜弱火にかける。唐辛子フレークをひとつまみ入れて、フライパンの中で弾けはじめたら卵白を加える。卵白は数秒フライパンの上で休ませてから、ゴムヘラでかき混ぜる。

【3】火を通している間に、チーズと細かく切ったニラ、春たまねぎ、もしくはハーブを用意。卵ができあがってきたら、すったチーズを1/4〜1/2カップ分ほど入れる(量はお好み)。ちゃんと溶けてくれるようにチーズを卵で囲いながらスクランブルする。まだ少しだけ卵白の透明さが残っているところに唐辛子と細かく切ったニラ、春玉ねぎ、ハーブを入れる。卵はふわふわに見せたいので、野菜類やハーブ類は火が通ったら、お皿に移して完成!

5261583542386688
© 2016 James Ransom
Top photo: © kiboka
Written byMarian Bull
Licensed material used with permission by Food52
時間のとれる週末の朝におすすめしたい卵料理がこちら。「メネメン」というトルコ版スクランブルエッグです。え?と思うでしょう、でもねアレンジ次第でこれだけゴー...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
注いだ飲み物によって色が変ってしまうほど薄く、まるで「照明器具?」と疑いたくなってしまうような有田焼磁器を知っているでしょうか。江戸時代から明治時代にかけ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
マヨネーズは全卵を使ってつくるのが基本ですが、これをちょっとでもヘルシーに仕上げるためには黄身を抜いてしまえ。というのがこの記事のテーマ。本来は料理をする...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
三度の飯よりホットドッグが好き?ケチャップとマスタードをかけるだけじゃ味気ない?「Cool Matrrial」が紹介したホットドッグ12変化を紹介しよう。...
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
『bills(ビルズ)』と言えば、あのふっくらまあるいパンケーキ。それから、口のなかでとろけるなめらかなスクランブルエッグ。世界一の朝食が食べられると謳わ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
朝食メニューに少しひねりを加えてみましょう。手間をかけるのではなく、あくまで少し工夫するだけ。「Food52」で紹介されているレシピから、ブレックファスト...
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
アイルランド南部の町にある小さなカフェが、イースターに向けたとびきりスウィーティーなタマゴ入りコーヒーを考案し、Instagramに投稿しました。なんでも...
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
人生の中でも最大の決断の一つ、結婚。運命の男性を見極めるのって、とても大変。結婚した後に、後悔はしたくないですよね。 主婦兼ライターのStacey Bec...
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
卵の黄身の使い道は数あれど、白身となるとそうはいかないものです。捨ててしまうのはもったいないし、とはいえどう使えばいいか思い浮かない。ありますよ、卵白の使...
バレンタインに送った気持ちは、ちゃんと返ってきましたか?