【夢のコラボ】アボカドの新しい食べ方「エッグボード」がたまらん・・・

アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッグボート」。これ以上の至福がありますか?アボカド、やっぱり奥が深い!

柔らかく熱したアボカドを
半熟卵にからめて食す幸せ♡
アボカドエッグボード

種を取り出し、アボカドの実を適度にくり抜いたところに、生卵をポンと落とす。後はオーブンで焼くだけの、めちゃくちゃ簡単なお料理。柔らかくなったアボカドを半熟卵にからめて食べれば、あ〜もう幸せ!

fujifab12さんのオシャレでヘルシーな昼食。それをエッグボートが演出。素敵すぎて思わず見とれてしまいますよね。

yoooko_kiriさんは、スタンダードなエッグボートで朝ごはん。

yuuriri_mamさんのランチは、オムライスの付け合せにエッグボート。ボリューム満点。

65narrowさんは、ベーコンをトッピングした上にマヨネーズをたらり。これは、間違いなく美味しいでしょ〜!

さらに別の日の65narrowさん。今度はさらに、チェリートマトもオン!

アボカドの包容力は、どんな食材とも相性抜群なところ。チーズを入れたり、ベーコンの代わりに生ハムを後乗せしたり、要は自分の好きな食材をトッピングして自分なりのアレンジができるのも、人気の秘訣かも。

もちろん、卵の固さだってお好みで。チョイ固めが好きな人は、con_panyonさんのように、火を通す時間を工夫してみて。簡単、美味しい、アレンジ自在。オリジナルのアボカドエッグボートを召しあがれ!

オーブンがなくても大丈夫!
フライパンで作る方法

オーブンがなければ作れない?いえいえ、フライパンでだって美味しいアボカドエッグボートができるみたい。「The Healthy Foodie」に紹介されたレシピを簡単にご紹介。

中身を程よくくり抜いたアボカドをフライパンで焼いて焦げ目をつける(切った面の方)。
焦げ目が付いたらひっくり返して白身を流し入れる。
鍋にフタをして弱火で15分〜20分蒸し焼きにしていく。
白身の上に黄身を乗せ3分ほど焼く。
塩、コショウをかけてできあがり〜。

ポイントは、フライパンに乗せるときグラグラにならないよう、裏面をちょっとだけ水平にカットしておくことだそう。ぜひ、トライしてみて!

Licensed material used with permission by fujifab12, yoooko_kiri, yuuriri_mam, 65narrow, con_panyon
andmore
他の記事を見る
時間のとれる週末の朝におすすめしたい卵料理がこちら。「メネメン」というトルコ版スクランブルエッグです。え?と思うでしょう、でもねアレンジ次第でこれだけゴー...
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
卵黄の脂質やコレステロールを気にしている人はもちろん、そうじゃない人でもあえてつくりたい卵白オンリーの白いたまご焼き!おいしくつくるポイントは「チーズ」。
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
どれだけ頑張っても内容を思い出せない「夢」。結構モヤモヤしますよね。でも、夢を記憶に定着させる方法があるみたいですよ。
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
注いだ飲み物によって色が変ってしまうほど薄く、まるで「照明器具?」と疑いたくなってしまうような有田焼磁器を知っているでしょうか。江戸時代から明治時代にかけ...
生のままでも十分美味しいアボカド。でも、火を通すことでトロトロの食感が引き立つんですよね。ピザや天ぷら、さらに熱々クリーミーなアボカドを楽しむには、なんと...
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
ロンドン発のアボカドレストラン「Avobar」。アボカドを想起させるグリーンを基調にした店内では、アボカドづくしのメニューが用意されています。まだ見ぬアボ...