固いアボカドは「ベーコンラップ」にして食べよう

食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知っていれば、ジャガイモのようなねっとりホクホクの食感を楽しめますよ。たとえばこんな料理はいかがでしょう。

口コミで広まった
アレンジレシピ

もともとフライドポテトにベーコンを巻く、という料理がアメリカにはありました。それをヒントにした、「ベーコンラップアボカド」が海外のレシピサイトに登場。やがて口コミで人気が広まっていった、という流れ。

ベーコンを通してアボカドに熱がじわじわと伝わることで、ただ炒めるよりもホクホク感がUPするんですよ。

つくり方もかんたん。アボカドを縦に8等分にして、縦2等分に切ったベーコンを巻いていきます。フライパンに水大さじ5を入れてアルミホイルを敷き、ベーコンで巻いたアボカドをのせてフタをします。

中火で熱して蒸気があがってきたら弱火で10分蒸しましょう。器に盛って塩こしょうをふればできあがり。トマトケチャップとの相性もいいですよ。 

ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
従来のものより、30%も脂肪をカットしたというのがこのアボカド。『Eurobanan』によると、脂肪がカットされているものの、その他の栄養素については変わ...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
自分には縁がないと思っていた「自家製ベーコン」。この燻製器があれば実現できるかも。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
柔らかくてクリーミーなアボカドを今スグ食べたい!そんなときに使える裏ワザを「Purewow」から紹介。・ベーキングシート。・アルミホイル。・固いアボカド。...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
生のままでも十分美味しいアボカド。でも、火を通すことでトロトロの食感が引き立つんですよね。ピザや天ぷら、さらに熱々クリーミーなアボカドを楽しむには、なんと...
ハムとベーコンの違いをご存知ですか?あなたは、それぞれの特性を活かした料理に活用していることでしょう。しかし、実際には何が違うのかをご存知の人は少ないかも...
最近は、男子のことをその性格や見た目に合わせて「○○男子」という言い方がよく使われます。女子に対してガツガツ向かう「肉食男子」、自分からはなかなか進めない...
森のバターことアボカドを使った商品は、いまでも多くの飲食店の稼ぎ頭。中でもハンバーガーショップでの貢献度の高さはピカイチでしょう。そう聞いて、いまあなたの...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。ライターAlanna Ketle...
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
栄養価の高い人気者として、完全に市民権を得た“森のバター”ことアボカド。「FOODMATTERS」には、すでに広く知られているものから「そうだったの!?」...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...