固いアボカドは「ベーコンラップ」にして食べよう

食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知っていれば、ジャガイモのようなねっとりホクホクの食感を楽しめますよ。たとえばこんな料理はいかがでしょう。

口コミで広まった
アレンジレシピ

もともとフライドポテトにベーコンを巻く、という料理がアメリカにはありました。それをヒントにした、「ベーコンラップアボカド」が海外のレシピサイトに登場。やがて口コミで人気が広まっていった、という流れ。

ベーコンを通してアボカドに熱がじわじわと伝わることで、ただ炒めるよりもホクホク感がUPするんですよ。

つくり方もかんたん。アボカドを縦に8等分にして、縦2等分に切ったベーコンを巻いていきます。フライパンに水大さじ5を入れてアルミホイルを敷き、ベーコンで巻いたアボカドをのせてフタをします。

中火で熱して蒸気があがってきたら弱火で10分蒸しましょう。器に盛って塩こしょうをふればできあがり。トマトケチャップとの相性もいいですよ。