きゅうりとアボカド、食感の違いがひとつのサラダに

料理にとことんこだわる人は、味だけではなく食感にも妥協しないってことなのでしょう。「Food52」のBee @ deuxdilettantesがそのひとり。

彼女、アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンのサラダを紹介しています。

シャキシャキ&クリーミー
きゅうりとアボカドのサラダ

5984876603899904
Photo by James Ransom

とてもなめらかで爽快感に満ちたサラダです。グリーン野菜をたくさん摂取でき、気分はもう“デトックス”そのもの。それでいて腹持ちもいいんです。

フェタチーズとアボカドのなめらかさは、もうバターのそれ。けど、そこにきゅうりのシャキシャキ感が交わると、あら不思議!パンチの効いたサラダに大変身しちゃうんです。

さらには、ライムの酸っぱさとシャープなミントが味に統一感をだしてくれますよ。噛むごとに新たな歯ごたえが口の中に現れるのは、まるで重層的なカクテルに近い感覚。夏場のコンフォートフードで決定でしょ。

材料:4人分

きゅうり(大きめのもの):2本
塩:適量
アボカド:2個
刻んだミント:1/2カップ
ライムの果汁と皮:1/2個分
さいの目状に切ったフェタチーズ:115g
オリーブオイル:大さじ2
ライム果汁:大さじ2
胡椒(もしくはレモンペッパー):適量

作り方

【1】きゅうりをむいて半分に切り、スプーンで種をくり抜く。きゅうりは1cm大に切って、水きり器に移す。塩を気持ち振りかけて、水が切れるまで30分ほど流しに置いておく(サラダが水っぽくなるのを防ぐため)。軽く水ですすいで、ペーパータオルでサッと拭き取る。

【2】きゅうりの水切りをしているあいだに、アボカドを1cm大に切り、サラダボウルに入れる。ライム果汁を注いで、やさしく混ぜる。

【3】ミントを洗って刻み、ライムの皮も刻んでおく。

【4】小さなボウルの中にオリーブオイル大さじ2と、ライム果汁大さじ2、ライムの皮を入れて、ドレッシングをつくる。

【5】アボカドを入れたサラダボウルに、水切りしたきゅうり、ミント、フェタチーズ、ドレッシングを入れて混ぜ合わせる。味つけはコショウ、もしくはレモンペッパーで。ラップをかけて、味が馴染むまで30分間ほど冷蔵庫で保存。

【6】ゲストを関心させたいとき(もしくはオシャレな食事をつくりたいとき)は、円形の型を使ってサラダを盛るのもアリ。型を外せば丸く形どられるので、見た目もきれいに仕上がりますよ。

4705756154691584
Photo by James Ransom
Licensed material used with permission by Food52
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
森のバターことアボカドを使った商品は、いまでも多くの飲食店の稼ぎ頭。中でもハンバーガーショップでの貢献度の高さはピカイチでしょう。そう聞いて、いまあなたの...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
アボカドって、生のまま食べる人が多いと思うけど、フライにすると外側はカリッ、中はトロトロという食感が最高に楽しい料理になるんですよ。食感の違いを楽しむ。お...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
生のままでも十分美味しいアボカド。でも、火を通すことでトロトロの食感が引き立つんですよね。ピザや天ぷら、さらに熱々クリーミーなアボカドを楽しむには、なんと...