週7で楽しめる「殿堂入りサラダ」まとめ

断言します。サラダがあれば、食卓はいつだってハッピーになります。

季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めてみました。

もうね、ほとんどアート!

今日はどんなサラダにしよう? 迷ったらいつでものぞきに来てくださいね。

こういうサラダを毎日食べたい!

まさに今が旬!「ピュアグリーンサラダ」

©Bobbi Lin

新緑が目にも鮮やかな初夏にぴったりなグリーンサラダのご紹介。この時期だけのお楽しみ。緑一色で染めてみるのはどうでしょう?最後にたっぷりペコリーノチーズをかける。最高でしょ!

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

おかず感のある「グリルドサラダ」

生野菜だけがサラダじゃありません。グリルしたネギとカブに古代小麦のファッロを合わせ、ハーブバシバシでいただく、意識高めのグリルドサラダです。軽めのディナーにもよさそう!

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

レンズ豆とヴィーガンチーズのサラダ

©James Ransom

豆を使ったサラダにしばしば登場するのがレンズ豆。あの緑色の平べったいやつです。フランスではこれにヤギのチーズ(ゴートチーズ)を合わせるのが定番だそうですが、それをクリーミーな「カシューチーズ」でアレンジしたのがこのメニュー。

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

ゴハン代わりになるサラダ

がっつりお腹にたまる「パスタサラダ」

©James Ransom

一見すると米粒みたいなパスタがあります。「オルゾ」あるいは「リゾー二」なんて呼ばれる、れっきとしたパスタの一種。これを使って、お腹にたまるサラダにしてみました。忙しい日のランチに最適です。

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

彩り野菜と黒米の「美人サラダ」

© Bobbi Lin

世界三大美女のひとり楊貴妃が好んで食べたという逸話がのこる「黒米」を使って、ランチにも軽めのディナーにもちょうどいい、新鮮で色鮮やかなサラダはいかがでしょう。ポイントはドレッシング。ココナッツミルク、魚醤、チリソース、ライムを加えたエキゾチックな味わいをどうぞ!

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

フルーツ de サラダ!

3時のおやつに食べたい「イチゴサラダ」

ふんだんにイチゴを加えたこのサラダ。ベーコン、スペルト小麦と、さまざまな食感と味が楽しめます。メインにもサイドにも最適ですが、3時のおやつにいかが?

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

夏の主役!「スイカサラダ」

©James Ransom

くし切りにして食べるだけがスイカじゃありません。サラダの具材としても秀逸!(だったんです)これに同じく夏の主役野菜のトマトとハーブをたっぷり加えて仕上げます。あまり甘くなくて「失敗したー」なんてスイカも、サラダにすれば極上素材になりますよー。

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

ドレッシングにもこだわる

これは意外!ジンジャー風味の「味噌ドレ」

©James Ransom

日本人ならまず思い浮かばないアイデアです。だって、ドレッシングに味噌!?ところがこれがサイコーでした。塩っけもあり、甘さもある。そして味わい深い。ジンジャー味噌ヴィネグレットのドレッシングでいただくサラダです。

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

カレー風味の「オレンジドレ」

© James Ransom

このドレッシングはかなり曲者。煮詰めたオレンジジュースにカレーパウダーを加えるというんだから。甘さと辛さをうまく引き出すため、カレーにオレンジジュースを加えるなんて話もあったりなかったり。これを赤カブと合わせていただくそうです。

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

カップルたちの
おいしい「サラダ」

クリエイターのつくる「ポテサラ」

©Julia Sherman

りんご園に暮らす造園家のMayaと、バンドマンのGeorgeが教えてくれたのは「ビーツとポテトのサラダ」。クリーミーなヨーグルトと根菜ほど、お似合いなコンビはないんだそう。ヨーグルトソースをドレッシングにした、マヨネーズに頼らないポテサラはいかが?

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

残りゴハンでつくる「クリスピーサラダ」

©Julia Sherman

デザイナーでホテル経営者のKennyと画家で彫刻家のElena。ふたりのサラダは、余ったゴハンやハーブの使いかたを知りたい人には、特にオススメ。カチカチになったゴハンをおせんべいのように焼いていけば……クリスピーなサラダの具材に!独創的です。

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

創造力をやしなう「ケールのサラダ」

©Julia Sherman

女優のHayleyと本屋オーナーのDavidは、二人ともオーストラリア生まれ。ケールをたくさん食べながら、自身のクリエイティブを発揮しているんだそうです。フレッシュなケールとグリルしたかぼちゃを合わせたサラダに注目!

▶︎詳しいレシピはこちら>>>

Top image: © James Ransom
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
イギリスで恐らくもっともエクストリームな体験ができる宿泊施設がロンドンに誕生した。自動車メーカー「Jeep」が発売する新たなモデル「Jeep Renega...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
「LOWDY」は、革靴とスニーカーの両ステージでキャリアを積んだデザイナーによる2WAY仕様のローファー・スニーカー。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
司法の場で虐待被害児に寄り添う「コートハウス・ファシリティ・ドッグ(付添犬)」を知っているだろうか?
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?