ドレッシング革命!オレンジジュースを煮詰めた「赤カブサラダ」

この時期出荷される、とってもおいしい赤カブ。とくに色味が鮮やかなものは、春の食卓に並べたい野菜のひとつです。たとえばこんな具合にサラダにして。

けど、fiveandspiceさんの赤カブサラダはかなりのくせ者。なんせカレーパウダーとオレンジジュースを使ったドレッシングでいただくっていうんだから。

たしかに甘さと辛さをうまく引き出すため、カレーの隠し味にオレンジジュースを使うなんてはなしもあるけれど……。「Food52」よりどうぞー。

 

カレー&オレンジドレッシングの
赤カブサラダ

Photo by James Ransom

自家製トマトサラダの変形バージョンが、このサラダ。トマトをシャキシャキの赤カブに置き換えてみたところ、すっかりハマってしまいまして。ちょい辛だけど甘くて、若干クセがありつつ、塩気もゴキゲン。いろんな味が口の中で爆発します!

材料:4人分

オレンジジュース:1カップ
オリーブオイル:大さじ1
カレーパウダー:小さじ1/2
塩:適量
すすいで、適当に刻んだ赤カブ:2カップ
砕いたフェタチーズ:1カップ
刻んだミントの葉っぱ:大さじ2

作り方

【1】小さなフライパンにオレンジジュースを入れて、フライパンに1/4カップほどの液が残るまで沸かす(20〜25分程度)。できあがったら火から外しさましておく。

【2】オリーブオイルを入れて混ぜ、次にカレーパウダを入れて、味付けに塩コショウを加える。完成したドレッシングに刻んでおいた赤カブをからめる。

【3】赤カブを4皿に均等に盛り付け、フェタチーズと刻んでおいたミントを上に盛り付けたら完成。

Written byfiveandstar
Licensed material used with permission by Food52
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
6月15日からアジア初上陸となる「コカ・コーラ オレンジバニラ」が期間限定発売。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
前菜としてもバッチリですが、グリルしたお魚やチキンを乗せればメインディッシュに早変わり!ニンニクと生姜がきいた「味噌ドレッシング」です。
「ミズノ」は、同社史上最高の反感性を実現したシューズ用ソール素材「MIZUNO ENERZY」を開発。接地時のエネルギーをため、それをできる限り逃さないこ...
お風呂のソムリエが作った「お風呂で洗えるマスク」は、サッと洗えてすぐに乾く。イタリアのバスローブの生地を利用したその素材は、丈夫で汚れも目立ちにくく、使い...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
巨大網の中にいるのは、たくさんの人間。これは文字通り、漁師の編んだ網に掛かれるアトラクション。漁業が盛んな小さな島「グロワ島」でうまれた「パカブ」という遊...
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...