赤、白、ロゼ、オレンジ、そして……ワインに「第5の色」が登場

昨夏あたりから、じわじわとSNSで広まりつつある「パープル・レイン(Purple Reign)」。プリンスの曲じゃありません。白ワインなのになぜか紫色をしたワインのこと。

ん、ワイン?

赤、白、ロゼ、オレンジときて、ついに……紫のワインが登場。今、世界が注目する「パープル・レイン」について、ソムリエ吉川大智さんに聞いちゃいました。

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヵ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在は多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

紫色って……「なんか変なモノでも入っていそう」と、少し不安になるかもしれない。けれどブドウは「セミヨン」「ソーヴィニヨン・ブラン」「シャルドネ」、3種の白ブドウ品種のブレンド。決して特別なブドウを使っているわけではない。

では、この「紫」はいったい、どこからやってくるのか?

透明感のある紫の色調。じつはこれ、「チョウマメ(蝶豆)」というマメ科の植物由来のもの。「バタフライピー」という英名にぴんときた人もいるかもしれない(こちらの方が有名?)アンチエイジングの効果も期待できると、チョウマメはハーブティーとしても人気だ。

それにつけても、なぜチョウマメをワインに? じつは、そこには偶然に偶然が重なることで生まれたストーリーがあった。

©2021 NEW STANDARD

パープル・レイン

【生産地】オーストラリア
【タイプ】白ワイン
【味わい】辛口
【ぶどう品種】セミヨン/ソーヴィニヨン・ブラン/シャルドネ
【アルコール度数】12%
【価格】4000円前後

妻への想いから生まれた偶然の産物

紫ワイン誕生秘話の前に、軽くワインの酸化防止剤についておさらいを。

市場で売られているワインのほとんどには「酸化防止剤(亜硫酸塩)」が含まれている。発酵中のワインを雑菌から守るため、また酸化によるワインの品質を安定させるために必要な成分で、ワインだけでなくドライフルーツやかんぴょうなどにも使用量を定められたうえで使われるもの。

一般的にワインに使われる酸化防止剤の量も、人体への影響はないとされている。それでも、できるだけナチュラルな製法でワインをつくることが、近年の醸造家たちのトレンドだ。

パープル・レインの生みの親、西オーストラリアに所在するワイナリー「Masstengo」の創業者ティム・マクマナラもその一人。彼は「酸化防止剤が入っているワインは飲みたくない」という妻のため、研究に研究を重ねた結果、酸化防止剤の代用にチョウマメをワインに添加するという製法を見つけた。

チョウマメに含まれるアントシアニンには、抗酸化作用がある。これによりワインに使われる酸化防止剤の量を極限まで減らすことができたのだ。

さて、醸造過程でチョウマメを添加。すると、ワインが淡くきれいな紫色に。こうして、人工的な着色料や香料も一切使わない、ナチュラルな紫色をまとった「パープル・レイン」は生まれた。

前菜と「パープル・レイン」で
もっと食卓を鮮やかに!

とにかくこのワイン、グラスに注ぐと透き通った輝きのある色調が唯一無二。活きいきとした酸のあるフレッシュな辛口で、後味にほのかな苦味を感じさせる。

たとえば、キウイやグレープフルーツを使った「フルーツサラダ」、あるいは「カプレーゼ」、ほかにはチーズを乗せた「カナッペ」あたりとの相性は抜群。きゅっとレモンをしぼった「魚介のカルパッチョ」や「シュリンプカクテル」といった海鮮系とのペアリングも文句なし。

注ぐだけでこんなにも彩り豊かで、食卓が一気に華やかになるワインも珍しい。誕生日、記念日といった特別な日の演出に。間もなく迎える春や初夏の爽やかな季節、「パープル・レイン」で家飲みを楽しんでみてはいかがだろう。

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...