夏が終わる前に絶対飲んでおきたい「ベスト・オブ・ロゼ」

残暑厳しいこの時期も、キンキンに冷やしたロゼワインがおいしい。淡いピンクから濃いめのピンクまで、ロゼの魅力は味だけでなく、その華やかな見た目にもあります。

でも、なんとなく雰囲気で飲んでいたりしませんか?

ソムリエ吉川大智さんのオススメは、料理にピッタリの1本。ロゼの醍醐味を知るうえでも、贈り物としても最高のロゼをご紹介!

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヶ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

 

ハリウッドスターと南仏5つ星生産者
最強タッグが生み出すロゼ

大統領からハリウッドセレブ、プロスポーツ選手まで、世界的スターの所有するワイナリーは多い。もちろん、話題性は抜群。ただ、名前だけが“ひとり歩き”してワインの実力がそこまで伴っていないワイナリーも、残念ながら少なくないのが現実。

2008年、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーがワイナリーを購入した。場所は、世界屈指のロゼワインの産地、プロヴァンスだ。

彼らの「ミラヴァル・ロゼ」は、5年後「世界のロゼワインTOP100」で堂々1位を獲得。名実ともに素晴らしいワインを生み出せた。その最大の要員は、間違いなく南仏を代表する醸造家ジャン・ピエール・ペランとタッグを組んだことによるもの。

その「ミラヴァル・ロゼ」が、3000円以下のお手頃価格で手に入る。

©2020 NEW STANDARD

ミラヴァル・ロゼ

産地:フランス プロヴァンス
ぶどう品種:サンソ― グルナッシュ シラー ロール (※セパージュの公表なし)
タイプ:ロゼワイン
アルコール度数:13%
味わい:辛口ミディアムボディ
価格:2800円前後

前菜、メイン、デザート
これ1本で行ける!

目を引くスタイリッシュなボトルデザイン。美しいサーモンピンクの色調。テーブルに置くだけで雰囲気を漂わせる。

そんな艶やかなロゼは、トマトのカプレーゼや生ハムとチーズの盛り合わせといった簡単なオードブルはもちろん、オイル系パスタや豚肉のローストのようなメインディッシュにも、非常によくマッチする。

もちろん食前酒としても楽しめるので、アペリティフから前菜、メインまですべて「ミラヴァル ロゼ」1本で通せるユーティリティさが最大の魅力だ。

温度が上がるにつれ
味わいに変化が訪れる

冷蔵庫でキンキンに冷やして、まずはオードブルに合わせて軽快に飲んでいただきたい。「ミラヴァル ロゼ」もうひとつの特長は、徐々に温度が上がっていくにつれて味わいに変化が生まれること。それまで控えめに隠れていた渋みが、そっと顔をのぞかせる。これも、ポテンシャルの高さがなせる技。

一般的に温度が上がるとアルコール臭が立ち、味わいがぼやけてしまうワインが多いが、このロゼに限っては、イチゴやリンゴに近い香りがより開いてくる。むしろ、温度が上がりかけた頃こそ本領を発揮する。飲み込めば、ピンクグレープフルーツのように、かすかなほろ苦さが印象に残るはず。

バリエーションある食事とのペアリングを可能にする、ミラヴァルの生まれ持った寛大さ。それに見た目の華やかさも加わり、贈り物としてもぴったりのロゼだと思う。夏の終わりにロゼで乾杯はいかがだろう。

「ミラヴァル」で検索してみて。

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
カリフォルニア州ナパ・ヴァレーでつくられる「689(シックス・エイト・ナイン)」。世界のステーキハウスが認めた、牛ステーキ肉と相性抜群のフルボディです。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
ソムリエが自信をもって推薦する、「セブンイレブン」で買えるコスパ最強のワイン。どれも1000円以下!
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
世界的に高評価のカリフォルニア産ピノ・ノワール。あの「ロマネ・コンティ」と同じ製法(全房発酵)で仕込んだ「アルタ・マリア ピノ・ノワール」の紹介です。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
キンキンに冷えた白ワインで喉を潤すのも良し。赤ワインでフローズンドリンクを作っちゃうなんてのもアリだけど、ちょっと強くてやられちゃいそうーー。そんなときに...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
日本有数のワインの銘醸地、山梨県でそだった日本固有の土着ぶどう「マスカット・ベーリーA」でつくるライトボディの赤ワインです。
普段の家飲みの締めくくりに最適なポートワイン。“ポルトガルの宝石”と謳われるルビータイプのポートワインのなかにあって、抜きに出たコクを感じられる「テイラー...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...