コスパよし、ハズレなしの「ピノ・ノワール」なら、この1本!

ワインにあまり詳しくなくても、ピノ・ノワールという名前はよく耳にします。おもに赤ワイン用に栽培されるふどう品種ですが、この「ピノ」を使ったワインは、世界各地のワイナリーで造られていますよね。

ってことで、狙い目のピノ・ノワールはどれなのか? そんな質問をソムリエ吉川大智さんにぶつけてみました。

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヶ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

「コスパのいいピノは?」

ソムリエをいちばん悩ませる質問がこれ。ピノ・ノワールは味わいと品質に比例して、どうしても価格が上昇傾向にあるからだ。産地や収穫された年、造り手によっても大きく味わいが変わるのがピノ・ノワールというぶどう。ゆえに、当たり外れの振り幅も大きい。

市場に出まわる安くてうまいワインは、味わいのしっかりとしたカベルネ・ソーヴィニヨンやブレンドものが大半。エレガントな飲み口で余韻の長さが持ち味のピノ・ノワールは、ある程度のコストを覚悟しなければ、「それなり」の印象をなかなか抜け出せない。

ところが、中には「これぞ!」と唸りたくなるピノもある。カリフォルニアの極上品。ぜひ、その複雑味を味わってみて。

今なら、まさかの半額以下!

©2020 NEW STANDARD

アルタ・マリア ピノ・ノワール

産地:カリフォルニア州 / サンタマリアヴァレー
ぶどう品種:ピノ・ノワール
タイプ:赤ワイン
アルコール度数:13.7%
味わい:辛口ミディアムボディ
価格:2380円前後

このワイン、実勢価格は5500円ほどにも関わらず、大手ECサイトでは2380円前後で販売されている。

造り手のこだわりもいい、味わいも素晴らしいのに。実のところ、販売先の人事異動により、契約破棄にあってしまい(そんなことある!?)大量の在庫を抱えてしまったという、いわくつきのワイン。

現地カリフォルニアでは通常価格を維持したいため、大幅な値下げは敢行せず、日本で値下げして販売することになった。

近年、世界で高い評価を得ているカリフォルニアのピノ・ノワール。それが、まさかの半額以下とは。なんとも消費者にはありがたい話。こんな機会はそうそうない。

その複雑味を、じっくりと。

ヴィンテージは2012年。コルクを抜くと瓶内でゆっくり熟成されたアロマが広がってくる。鼻を近づけると紅茶葉のようでもあり、森の中にいるようなグリーンと土のニュアンスがする。これはぶどうの茎をつけたまま醸造する「全房発酵」由来の香り。ぶどうの酸味をまろやかに仕上げたり、アロマに複雑味を持たせるテクニックだ。

ただこの製法、通常の製造工程よりもリスクが高いことでも知られている。失敗すると茎のえぐみや青臭さが全面に出てしまうため、全房発酵は醸造家の手腕が現れやすい。

ちなみに、一度はその名を聞いたことがあるはずの“ブルゴーニュの女王”、あの「ロマネ・コンティ」も同じ製法だって知ってた?

アルタマリアのピノ・ノワールは全房発酵と長い樽熟成を経ることで、単純に「ベリーの香り」だとか「プラムの香り」では片付けられない、スモーキーな樽香が相まった、複雑味を実現している。

ピノ・ノワールには「きのこ」!

この複雑味には、少し背伸びをした料理と合わるのが吉。たとえば「鴨のコンフィ」や「鹿肉のロースト」、「ラムチョップ」のようなジビエ料理との相性は文句なし!

とは言え、そこは家での楽しみ。僕からのオススメは、ズバリきのこ料理。ポルチーニ茸や舞茸を使ったパスタやリゾット、シンプルにバターをたっぷり使って炒めるしめじもいい。あるいは牛肉のステーキにトリュフオイルをたらり。

2020年のいま、すでに飲み頃を迎えている。たまにはデイリーワインから一歩踏み出して、ピノ・ノワールでご機嫌な夜を!

 

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
カリフォルニア州ナパ・ヴァレーでつくられる「689(シックス・エイト・ナイン)」。世界のステーキハウスが認めた、牛ステーキ肉と相性抜群のフルボディです。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
ソムリエが自信をもって推薦する、「セブンイレブン」で買えるコスパ最強のワイン。どれも1000円以下!
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
エチケットに暗い色の馬の額とワイングラスをコラージュした図柄が描かれた「ダークホース ピノ・ノワール」。お値段は1,000円台前半。その味わいは名前に反し...
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
「ZARA」は5月12日に、ヨーロッパ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、5月13日に日本、中国でメイクアップコレクション「ZARA BE...
日本有数のワインの銘醸地、山梨県でそだった日本固有の土着ぶどう「マスカット・ベーリーA」でつくるライトボディの赤ワインです。
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
無印良品の「インテリアフレグランスセット」は、250mlと60mlの2サイズ展開。ラタンスティックとセット(後者には磁器ホルダーも!)でそれぞれ2990円...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
上質なのに4,000円以下で買えるルームフレグランスを4つ紹介。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
評価高まるNZのワイナリー、セレシン・エステイトが気軽に飲んでもらえるようにと立ち上げた別ブランドの赤ワイン「モモ ピノ・ノワール 2016」。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
普段の家飲みの締めくくりに最適なポートワイン。“ポルトガルの宝石”と謳われるルビータイプのポートワインのなかにあって、抜きに出たコクを感じられる「テイラー...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
予算を3000円に設定し、4ブランドのハンドクリームをピックアップ。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...