【ソムリエ推奨】真夏日に飲みたい抜群の「辛口白ワイン」

キリッと冷えた白ワインの媚びない辛口って、夏にぴったりですよね。かといって、何ちゃらの一つ覚えじゃないけど、毎度「シャブリ」では芸がなさすぎる。ワインの世界は広い。きっと、夏がよく似合う極上の辛口白ワインがあるはず!

ということで、ソムリエ吉川大智さんに3000円で手に入る、とっておきの1本を紹介してもらいました。

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヶ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

 

「辛口でおいしい白ワインは?」と聞かれれば、その人の好みに合わせていろいろ提案ができるけれど、「暑い夏にオススメの白は?」の質問には、迷わずこう応える。

ヴィーニョ・ヴェルデ!と。

ポルトガル語でヴィーニョ(vinho)はワイン、ヴェルデ(verde)は緑、直訳すれば「緑のワイン」となるわけだが、このワイン、その名の通り完熟する前に収穫されたフレッシュなぶどうで醸造するのが特徴。

ここに推薦するのは「ポウコ・コムン」。使われるぶどう品種は、スペインでは高級白ワインでよく用いられる「アルバリーニョ」。

辛口で飲みやすさ抜群
「ヴィーニョ・ヴェルデ」

©2020 NEW STANDARD

ポウコ・コムン ヴィーニョ・ヴェルデ アルバリーニョ2018

産地:ポルトガル / ヴィーニョ・ヴェルデ地域
ぶどう品種:アルバリーニョ100%
タイプ:白ワイン
味わい:辛口
アルコール:13%
価格:2398円(税込)

ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。

通常、ヴィーニョ・ヴェルデは現地ではビールの代用品のように飲まれているカジュアルなワイン。アルコール度数が低めで飲みやすさを重視した仕上がり。コスパも上々で多く出回っているけれど、この「ポウコ・コムン」はアルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマで他のそれとは明らかに一線を画すつくり。

レモンイエローの色調も夏らしくて爽やか。グラスを軽く回せば、青リンゴやレモンの皮を爪でつぶしたときのような清涼なアロマが広がる。

いざ口に含めば、細かい気泡がはじけるような感覚。そして、頬がきゅっとすぼまるような、いきいきとした酸味も今の時期に心地いい。日差しがさんさんと降り注ぐバルコニーや、公園の芝生が間違いなくぴったり!

ヴィーニョ・ヴェルデ × 海の幸
= ただただ、至高。

ところで、ヴィーニョ・ベルデといえば別名「シーフードワイン」としても知られている。これは、海沿いの生産地だけあって、現地でも海の幸と合わせて親しまれていることから。

ワインを口にするだけで、新鮮な魚介とのペアリングが無限に思い浮かぶんだから、本当フシギ。

たとえば、こんな海鮮おつまみはいかがだろう。

シンプルに炙ったホタテやアワビ、レモンをきゅっと搾った生ガキ、あるいはサバの塩焼き、鯛のカルパッチョ、タコやイカを使ったマリネもいい。あるいは変化球でアジのなめろうあたりもオススメ。

こんな具合に、海の幸ならどんな料理ともレンジの利いたペアリングが楽しめる。だから、海辺のBBQには間違いなくこの1本! 夏本番を迎える前に、まずは「ポウコ・コムン ヴィーニョ・ヴェルデ」を試してみて。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
ソムリエが自信をもって推薦する、「セブンイレブン」で買えるコスパ最強のワイン。どれも1000円以下!
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
日本有数のワインの銘醸地、山梨県でそだった日本固有の土着ぶどう「マスカット・ベーリーA」でつくるライトボディの赤ワインです。
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
イギリスのEU離脱当日に発売となった「LIAR Wine」。赤ブドウ品種のメルローを使ってわざわざ白ワインに仕上げた本当の理由とは?