ポートワインは、「バスチー」と合わせると最高だった!

食後に飲むお酒と言ったら、ウイスキーやブランデー、カルバドスなどの蒸留酒を思い浮かぶかもしれません。でも、ワインにだって食後に適したものがある。

そこで、今回はソムリエ吉川大智さんに、オススメの「ポートワイン」を教えていただきました。もちろん3000円アンダーで。

知ってるようで、知らないポートワイン。なんでも、バスクチーズケーキにもピッタリなんだとか。

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヶ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

 

「おいしい食後酒」という選択肢があるだけで、どれだけ幸福度が増すことか。胃の働きを活性化させ、消化を促進させるというメリットもあるのが食後酒。

なかでも「ポートワイン」は、普段の家飲みの締めくくりに最適!これにちょっとしたデザートでもあれば、食べ終わりから寝るまでのひとときがゴールデンタイムに変わる。

いまだコロナウイルス明けやらぬ日々。自宅にいる時間を特別なものにするには、今こそ食後酒の秘めたる魅力に気づくべき!

衝撃の“コク”を体感せよ!

©2020 NEW STANDARD

テイラー ファインルビー

産地:ポルトガル / ポルト
ぶどう品種:非表示
タイプ:酒精強化ワイン
味わい:コクのある甘口
アルコール:20%
価格:2100円前後

「酒精強化ワイン」の一種であるポートワインは、発酵中のぶどう果汁にブランデーを加えることで、酵母の働きを強制的に止める製法でつくるワインのこと。

一度は口にしたことのある人なら感じたであろう、あの独特の深みある甘みとコクは、酵母の働きを止めることで生まれる。

数あるポートワインのなかでも「テイラー(TAYLOR's)」だ。

ポルトガル北部ポルトに流れるドウロ川流域に位置する、1692年創業の老舗ワイナリー。川の対岸は、赤レンガの屋根が段々畑のように幾重にも連なり、世界遺産に登録される風光明媚な土地。

僕が訪れたのは、2014年のこと。たまたま巡り合ったTAYLOR'sでテイスティングツアーに参加。そこで衝撃を受けたのが、この「テイラー ファインルビー」。

“ポルトガルの宝石”と謳われるルビータイプのポートワインのなかにあって、「テイラー」は抜きん出て味わいにコクがある

長期熟成のポートワインほど、おいしいのは言うまでもないが、それなりに値が張るもの。そこへ行くと「ファインルビー」は3000円でお釣りがくる。コスパの良さからもまず、間違いのない1本といっていいだろう。

ペアリングのキーワードは
「ビター&スイート」

フレッシュなカシスを連想させる果実味たっぷりでコクのある濃厚な味わい。合わせるなら、断然「ビター&スイート」なデザートだ。

まずは「バスクチーズケーキ」。表面を焦したあの香ばしさにチーズ特有の濃厚なコクが加わり、とにかくファインルビーとよく合う。

チョコレートなら「オランジェット」、ドライフルーツやナッツ入りのチョコもオススメ。あるいは「ガトーショコラ」あたりも相性としたら最高。フレッシュフルーツたっぷりのタルトもいい。

こんな具合にデザートと合わせても、単体で飲んでも、夜長のお供にもってこい。映画鑑賞や好きな本に没頭したいとき、ちびちびと行ってみてはいかがだろう?

ただし、こう見えてアルコール度数は20度。糖分もそこそこ。くれぐれも飲み過ぎにはご用心を!

Top image: © 2020 NEW STANDARD
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ソムリエが自信をもって推薦する、「セブンイレブン」で買えるコスパ最強のワイン。どれも1000円以下!
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...