酸化したワインでも超絶うまい!「魔法のサングリア」

飲み残したワインを冷蔵庫に入れたまま数日経って飲もうとすると、なんだか味が変わっていた……。なんて経験、誰にも一度や二度あるはずです。まさか、そのまま捨てちゃったりはしませんよね?

飲み残したワインをどうするか問題。

ソムリエ吉川大智さんにぶつけてみました。じつは彼、バーテンダー歴も長いんですが、意外な活かし方を教えてくれました。

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヶ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

 

発想の転換。
「飲み残しワイン」の蘇生術

©iStock.com/Moyo Studio

ワインは、開栓して時間が経つと徐々に味が劣化していきます。これは空気に触れて酸化がすすんだことが原因。もちろん飲み残しても栓を閉じ2〜3日程度なら、冷蔵庫でしっかり保管すれば味落ちはない。ワインのポテンシャルにもよるが、逆にパフォーマンスを上げるものもある。

問題は、3日以上放置してしまったケース。酸味が出てきて、あとはみなさんのよく知るとおり。こうなるともう料理酒行きだったりするわけだが、今回はそれでも「おいしく飲む方法」のご紹介!

アレンジ一つで劇的においしく、またいろんな飲み方に応用できる蘇生法がある。そしてこれ、赤ワインでも白ワインでも、辛口でも甘口でも、すべてのワインに使えるレシピなので、覚えておいて損はない。

酸化したワインに魔法をかける
「ブランデー」と「フルーツ系リキュール」

では、そのアレンジとはいかに?

風味が損なわれたワインを生まれ変わらせるには、「ブランデー」と「フルーツ系リキュール」の力を借りる。要は余りワインを使ってカクテルベースをつくってしまおうというわけ。

季節のフルーツをたっぷり入れた「サングリア」に仕上げつつ、さらにどんなカクテルにも合わせられる「魔法のサングリア」を完成させよう。

まずは、以下のレシピをCHECK!

<材料>

・リンゴ:1/2個
・オレンジ:1個
・レモン汁:15ml
・フルーツリキュール(ピーチ):45ml
・ブランデー:30ml
・ワイン:200〜300ml(余った分量による)

<つくり方>

① リンゴとオレンジを適当な大きさにカットし容器に入れたら、余ったワインを注ぐ。

② フルーツリキュールを入れる。甘みと香りの爽やかなピーチがオススメですが、マンゴー、キウイ、ベリー系などお好みで。

③ ブランデー、レモン汁を加える。

④ 冷蔵庫で2日ほどねかせれば完成。

※フルーツは皮ごと入れるためよく洗ってください。
※飲み残しワインが複数本ある場合は、赤でも白でもスパークリングでも、全部混ぜてOK。

©iStock.com/TheCrimsonMonkey

4つのステップで、すべてのカクテルに応用できる「魔法のサングリア」の完成。簡単でしょ?

アレンジは好き好きだけど、白ワインなら「グレープフルーツ&キウイ」にキウイリキュールが好相性。赤ワインなら「ミックスベリー&桃」にピーチリキュールがオススメ。ほかにも、パイナップル、スイカ、マンゴーなど季節のフルーツでバリエーションはいくらでも。

ポイントは前述の通り、「ブランデー」に「フルーツ系リキュール」をプラスすること。これにより失われたワインの風味にコクがあらわれ、味わいに奥行きができる。また、アルコール度数と糖度が上がることで、保存を高めるというメリットも。

夏の「宅飲み」に
飲み残しワインを活かそう!

ロックグラスに大きめの氷を入れシンプルに「魔法のサングリア」をロックで楽しむもよし。コーラやジンジャーエールで割ったり、100%フルーツジュースと割ってもフルーティでありながらアルコールのパンチも十分に感じられる。

もっと大人っぽくいきたいならシナモンを添えたり、ローズマリーやミントなどハーブを飾ってもいい。ちなみに僕のイチオシは、ウルトラシンプルにサングリアとキンキンに冷えた炭酸を1:1で割り氷を入れた「かち割りサングリアサワー」。ワインとフルーツのアロマとのどごしの良さでクセになる一杯だ。

肩肘の張った飲み方ばかりがワインの楽しみじゃない。飲み残しワインを使って、自分好みのカクテルに仕上げれば、夏の宅飲みがいっそう盛り上がるに違いない。冷蔵庫で栓をされたまんまのワインがあれば、ぜひお試しを!

Top image: © iStock.com/a_namenko
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
クリーニングやコインランドリーにいかずとも、おうちのシャワーだけで布団に蓄積する、汚れやダニや花粉をさっと洗い流せる「ふとん」が誕生。
ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
「THE NORTH FACE」から女性向けマタニティウェアの新作が登場。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ソムリエが自信をもって推薦する、「セブンイレブン」で買えるコスパ最強のワイン。どれも1000円以下!
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...