ワインを超速熟成させる「魔法のデキャンタ」

ワインをおいしく飲むために大切な“熟成”

空気と触れさせることでお酒の香りを最大限に引き出し、口当たりがまろやかになるのだが、それには最低でも1時間ほどはかかるのだとか。

そんな悩みを解決するのが、スマートデキャンタ「WAKE UP WINE PRO」。デキャンタのなかで特殊スピナーが回転し、効率的にお酒のなかに酸素を取り込み、通常の24倍もの速度で熟成を促して、ものの数分で極上のワインが完成する。まさに"魔法のデキャンタ"だ。

「ワインの熟成なんてやったことない!」という人でも大丈夫。難しい熟成の時間設定も、ガイド通りに本体パネルでセットするだけ。誰でもプロの味を再現できる。

バッテリー内蔵なので、持ち運びにも便利。キャンプピクニックなどに持っていったら、くるくるとお酒が回るデキャンタは話のネタとしても盛り上がりそう!

いつものワインを超速でおいしくしてくれるデキャンタは、クラウドファンディングサービス「machi-ya」にて販売中。気になる人はコチラをチェック。

©Japan Dream Trading
Top image: © Japan Dream Trading
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...