ボタンを押すだけで「ワイン」をおいしくする電動ワインディスペンサー

世界中で注目を集めている電動ワインディスペンサー「Vinaera」の最新モデル「Vinaera Travel」がついに日本に上陸。

「Vinaera Travel」は、ボタンを押すとワインを吸い上げ、その途中できめ細かな泡をたくさんワインに含ませることで、無数の細かな泡がワインと空気の接触面積を広げ、瞬時にエアレーションが完了するという仕組みになっている。

「エアレーション」とは、グラスを回すことでワインを空気に触れさせ、より香りを引き出し、味わいをまろやかに変化させる作業のこと。特に若いワインは香りが閉じていることが多く、空気に触れさせて香りを開かせることによって、より芳醇な香りを引き出し、味に柔らかみを出すことができるのだ。

この「エアレーション」は、通常プロ級の知識・技術が必要なうえに、専用のデキャンタ等を使い30~40分程度かかるのだが、それをボタン一つで瞬時に行ってしまうのがこの「Vinaera Travel」。

前モデル「Vinaera」のユーザーからの声を元に、持ち運びもしやすいコンパクト設計かつ、洗浄しやすさも改良された「Vinaera Travel」をゲットして、簡単に、まるでソムリエが入れたような本格的なワインを楽しもう。

©Makuake
©Makuake
©Makuake
©Makuake
©Makuake

電動ワインディスペンサー Vinaera

【「Makuake」プロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/vinaera_travel/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
ワインボトルを冷やしながら持ち運べる、ワイン専用の保冷ショルダーバッグを紹介。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
ワインの樽のなかに泊まれる「Airbnb」のリスティングを紹介。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
スマートデキャンタ「WAKE UP WINE PRO」なら、いつものワインを超速でおいしくしてくれる。
「絶対ダメだよ、押すなよ」って言われても押してしまう心くすぐるエチケットデザインの「ボデガス・アントニオ・カンデラ パニックボタン」。いい意味でパニックが...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
ナチュラルワインって、なんですか?
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
オンライン上で、ワインのプロが自分にぴったりのワインをセレクトしてくれるソムリエサービス「Pocket Sommelier」に新機能が追加。ワインのプロた...
日本でも珍しい巨峰を使ったワイン。「ベラ・リッジ・エステート 巨峰」のご紹介。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...