ギフトに最適なチュニジアのワインには学びがある

「新世界ワイン」を連載でご紹介している本企画。広い世の中、イタリア、フランスといったワインの生産量で有名な国だけじゃなく、「え、そんなとこにも?」という国やエリアにもオススメしたいワインはあるんです。

チュニジアってワイン造りの世界では大先輩

「チュニジア」と聞いて世界地図から正しい場所をすぐに思い浮かびます? ワインなんてイメージできます? 
多くの方にとって、そんな国かもしれませんが、地中海を挟んでイタリアまで100kmない距離(領内って意味で)にある北アフリカの国。なので、気候的にもブドウ栽培の好適地

そもそも、古代のチュニジアは、地中海沿岸地域で海の覇者と言われた「フェニキア人」の植民都市「カルタゴ」として栄えた場所。ワイン造りを最初にイタリアやフランス、スペインに広めたのはこのフェニキア人。なので、チュニジアはワイン造りにおいて大先輩ってわけです。

ちょっと地理や世界史っぽい話が続いちゃいましたが、ご紹介する「シディ・ブライム」もチュニジアの土地柄らしく、恵まれた地中海性気候の贈り物といえる1本。手摘み収穫のブドウ、グルナッシュとシラーを低温管理のもとで醸造したロゼワインで、ジャマな味が無く、心地の良い後味のせいか、ぐいぐい飲めて爽快な気分。この美味しさは、さすが、ワインの大先輩の国って感じ。

でも、作り手はフランスの大手ワイナリー資本が入っている1924年に設立された近代的なワイナリーなんですよね。
というのも、さきほど大先輩って言いましたけどチュニジアは古代のカルタゴ支配のあとイスラム教による支配があってアルコールは厳禁に。次にワイン日の目を見るようになるのは、19世紀後半にフランス保護領下になってから。フランス文化の流入で、チュニジアのワイン造りは再び少しずつ花開いていきました。
これ、ワインを教えられた後輩がその技を育てて今度は先輩に恩返ししたみたい

こんなストーリーも添えて、お世話になった方にプレゼントってのにもいいかなって思うんですよね。この「シディ・ブライム」はお値段も1000円程度とお手頃だし、フランスでいま一番飲まれている輸入ワインだそうで、贈り物にするのにもフレンチが認める味という保証付き
え、チュニジアワイン? なんて先入観を持たず、このワインを選んでみてはいかがでしょ。

6104627036553216
©2018 TABI LABO

「シディ・ブライム ロゼ」

■産地:チュニジア
■原材料:グルナッシュ、シラー
■色:ロゼ
■味わい・風味:すっきりとした辛口
■実勢価格:750ml 1,080円~

Top image: © 2018 TABI LABO

楽しい嬉しい喜ばれる
新世界ワイン🍷
こんな国でも作ってるワインもあります
↓ ↓ ↓

コレを選べば、<br>楽しい嬉しい褒められる。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
ワインの造り手一家の娘、シェリル・インデリカートさんが女性目線にこだわって造ったブランドの1本「ハンドクラフト プティ・シラー 2015」。女性が喜ぶ要素...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
エチケットに暗い色の馬の額とワイングラスをコラージュした図柄が描かれた「ダークホース ピノ・ノワール」。お値段は1,000円台前半。その味わいは名前に反し...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...