このワイン、便利すぎて話にならない……

1時間くらい冷蔵庫で冷やすと甘さがひき立つのに、スッキリした飲み口と爽やかな後口という、この夏を爽快にしてくれる白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」をご紹介します。

価格は1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体には高級感も漂います。

造っているのがKWVという南アフリカの最大輸出メーカーで、彼らは自国ワインのスポークスマンであり、指導者であり、そして生産やマーケティングの先駆者。
半端なものは世に送り出さないわけですね。

そしてワインに使っているぶどうは、あまり知られていない品種ですが、南アフリカで最もポピュラーなシュナン・ブラン。

新世界とはいえ、大航海時代からワイン造りの歴史を300年以上も培った国の2大メジャーが合わさったのだから、品質は間違いないです。

実際飲んでみると、フルーティでボリュームがありながら軽やかな飲み口
かすかにメロンのような香りも感じます。
強めの甘味に、シャープなのにでしゃばりすぎない酸味、程よい苦味と、とにかく全体のバランスが良い。

食前酒にもいいし、あっさりとした料理に合わせたり。
白ワインらしく野菜や魚料理とか海老のカクテルなんかにもピッタリ。
また、フレッシュな印象で口の中をすっきりしてくれるところがお肉にもいいし、チョコにだってあう。
あっさりした感じではクリームシチューなどにだって相性がよさそう。
……え、はじめは夏って言ってたのに寒い時期の食べ物ですって?

そう、結局どんな時期のどんな料理だろうと、とにかく「何でも合う!」が正解みたい。これ言っちゃうと、ワインの紹介文にならないんですけどね……。身も蓋もない。

だけど、このお手頃な新世界ワイン、あらゆるシーンでめっちゃ便利に使えるとオススメします。

©2018 TABI LABO

KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン

■産地:南アフリカ
■ぶどう:シュナン・ブラン
■色:白
■味わい・風味:辛口
■実勢価格:750ml 850円~

Top image: © 2018 TABI LABO
「新世界ワイン」まとめ

関連する記事

ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...