ワイン好きの皆さん。デキャンタージュした後でも、これなら保存ができますよ!

飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプといったツールの用意があるはず。ならば、デキャンタージュしたものの保存はどうでしょう?

飲み残したワインをいかに
酸化させずに保存できるか?

0960add79a1752447a0fc3f1e917905c9fe9df3e

ワインボトルは、一度開栓したらその日のうちに飲み干さねばならない。こんなイメージがあるかもしれませんが、欧米人だって余ったワインを無理に飲むことはしません。飲み残したワインが「美味しくない」と感じるのは、コルクを抜いた瞬間から空気に触れることで、ワインの酸化がはじまるから。つまり、保存方法の問題。

ここまでは、根っからのビール党だって知識として持っているでしょ?

デキャンタごと
真空状態をつくり出す

13b53efb2a52b2c442f0ba0c0d63b1bc5e9fdb1e

では長期熟成タイプの赤ワインを、俗に言うところの「ワインを開かせる」ためにデキャンタに移した場合、飲み残しをもう一度ボトルに戻す?ヨーロッパでは、銀のスプーンを入れて酸化を止めるなんて方法もあるようですが。

サンフランシスコのメーカーが開発した「Wine Squirrel」はもっとスマート。デキャンタージュした状態のまま保存が可能な優れものです。ポイントは至極単純、デキャンタごと真空にするだけ。

6369a880242b0ad5fa2d27bd357e730fccdc625f

動画の説明によれば、円筒形のデキャンタに移したワインが余ったら、まずは付属のハンドル(画像内黒の部品)を使って密封栓(画像内白の部品)をワインの水面まで押し入れます。

D10b9953a2e6fd51fd59c485b20dc614c07fe996

次に、ハンドルを時計回りにまわして、ハンドル部だけを抜き取りました。これで真空状態が完成。たったこれだけ。

逆さにしても
ほら、漏れない!

76f84b5adcabb4d3f2a1ee1b13a01a88996b48ff

確かに、逆さにしてもご覧のとおり漏れてこない。この状態で涼しい場所で保管しておけば、2〜3週間は保存が利くそうですよ。開栓する際は、ハンドルを取り付けて今度は、反時計回りにまわして密封栓を外すというもの。

643839c43286f8fab77f36e441424dcb19c79974

もちろん、どんな形のデキャンタであれ目的は果たせる訳ですが、真空をつくり出すのに向いているのは、やっぱりこの円筒形だったんでしょうね。

すでにクラウドファウンディングにて目標額をクリア。プレオーダーでは65ドル(約7,000円)にて販売中。気になる人はこちらから。涙滴型やダッグ型、いわゆる底の広がったマグナムタイプのものなど、今後デザインが増えることも期待してしまいます。

Licensed material used with permission by Wine Squirrel
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
できるだけ記憶が鮮明なうちに。
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われ...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...