ワイン好きの皆さん。デキャンタージュした後でも、これなら保存ができますよ!

飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプといったツールの用意があるはず。ならば、デキャンタージュしたものの保存はどうでしょう?

飲み残したワインをいかに
酸化させずに保存できるか?

ワインボトルは、一度開栓したらその日のうちに飲み干さねばならない。こんなイメージがあるかもしれませんが、欧米人だって余ったワインを無理に飲むことはしません。飲み残したワインが「美味しくない」と感じるのは、コルクを抜いた瞬間から空気に触れることで、ワインの酸化がはじまるから。つまり、保存方法の問題。

ここまでは、根っからのビール党だって知識として持っているでしょ?

デキャンタごと
真空状態をつくり出す

では長期熟成タイプの赤ワインを、俗に言うところの「ワインを開かせる」ためにデキャンタに移した場合、飲み残しをもう一度ボトルに戻す?ヨーロッパでは、銀のスプーンを入れて酸化を止めるなんて方法もあるようですが。

サンフランシスコのメーカーが開発した「Wine Squirrel」はもっとスマート。デキャンタージュした状態のまま保存が可能な優れものです。ポイントは至極単純、デキャンタごと真空にするだけ。

動画の説明によれば、円筒形のデキャンタに移したワインが余ったら、まずは付属のハンドル(画像内黒の部品)を使って密封栓(画像内白の部品)をワインの水面まで押し入れます。

次に、ハンドルを時計回りにまわして、ハンドル部だけを抜き取りました。これで真空状態が完成。たったこれだけ。

逆さにしても
ほら、漏れない!

確かに、逆さにしてもご覧のとおり漏れてこない。この状態で涼しい場所で保管しておけば、2〜3週間は保存が利くそうですよ。開栓する際は、ハンドルを取り付けて今度は、反時計回りにまわして密封栓を外すというもの。

もちろん、どんな形のデキャンタであれ目的は果たせる訳ですが、真空をつくり出すのに向いているのは、やっぱりこの円筒形だったんでしょうね。

すでにクラウドファウンディングにて目標額をクリア。プレオーダーでは65ドル(約7,000円)にて販売中。気になる人はこちらから。涙滴型やダッグ型、いわゆる底の広がったマグナムタイプのものなど、今後デザインが増えることも期待してしまいます。

Licensed material used with permission by Wine Squirrel
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
スマートワインディスペンサー「Albicchiere」がKickstarterで予算を達成。専用バッグにワインを入れて、アプリから温度設定するだけで、いつ...
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
できるだけ記憶が鮮明なうちに。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...