日本の「巨峰」がオーストラリアで「ワイン」になっていた!

秋の味覚のひとつ、巨峰。おいしいですよね。

季節感もない導入で恐縮ですが、このネタ、秋まで寝かせておくなんてできません!ということで、このタイミングでのご紹介。そうです、主役は巨峰。

その昔、日本原産の巨峰が海を渡ってワインになったというお話。ソムリエの吉川大智さんに詳しく教えてもらいましょう!

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヵ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在は多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

少量生産で質の高さにこだわるブティックワイナリーが点在する、オーストラリア西部スワンバレー。市街地のパースから車でおよそ30分という距離もあって、近年人気のワイン産地だ。

今回ピックアップしたのは、スワンバレーの「ベラ・リッジ・エステート」。じつは、日本ではおなじみのアノ「巨峰」から造ったワイン。もちろん、オーストラリアでもここだけ。

日本でも珍しい巨峰から造るワインを、なぜオーストラリアで?

ベラ・リッジ・エステート 巨峰
©2021 NEW STANDARD

ベラ・リッジ・エステート 巨峰

【生産地】オーストラリア/スワンバレー
【タイプ】赤ワイン
【味わい】ミディアムボディ
【アルコール度数】14%
【価格】4000円前後

日本原産の「巨峰」が
ワインになって帰ってきた!

1980年代、ひとりの日本人男性がスワンバレーに巨峰の種を持ち込み、この地に植えた。当時はまだ種子の海外への持ち出しが許されていた時代だ。

ワイン用ブドウ品種としても認められていなかった巨峰は、こうして誰にも知られることなく、スワンバレーの地でひっそりと育まれていった。

やがて、年齢を重ねた男性から地元の夫妻が巨峰が実る土地を譲り受けたのが2003年のこと。彼らこそベラ・リッジ・エステートのオーナーだ。初めて目にする巨峰を夫妻は、たった一年でワインに仕上げてしまう。

こうして、日本原産の生食用ブドウが南半球の地でワインに変わり、オーストラリアワインとして日本に帰ってきた。

渋味と甘味のバランスが秀逸

ところで、生食用の巨峰といえば日本では長野県や山梨県が主な生産地。じつは、日本にも巨峰を使ったワインがないわけではない。色調が淡くてやや甘口なのが特徴。

いっぽう、ベラ・リッジのブドウは、果皮由来のタンニンがしっかりと感じられ、色合いも程よくついている。オーストラリアの日差しをたっぷり浴びて肥沃な土壌で造られる巨峰ワインは、芳醇な甘さとさわやかなアロマが印象的だ。

アタック(口に含んだときの第一印象)の心地よい渋み、飲み込んだときのキャンディのような巨峰本来の甘いアロマが鼻から抜けていく。渋みと甘味のバランス絶妙。秀逸な一本だ。

「和」の要素に共鳴するペアリングを

この逆輸入ワインに合わせる料理は、ズバリ「和の要素」がおすすめ。

この時期ならしゃぶしゃぶや水炊き、鴨鍋なんかと相性がいい。ワイン自体の主張が強すぎないため、シンプルに照焼きチキンや豚の角煮といった味にも寄り添ってくれる。

暦の上では春でも、まだまだ寒さが厳しい季節。醤油やみりんベースのコクのある甘さと、ベラ・リッジ・エステートの余韻の長いアロマをじっくり合わせながら、おうち時間を楽しんでみてはいかがだろう。

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
ワインの樽のなかに泊まれる「Airbnb」のリスティングを紹介。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
ワインボトルを冷やしながら持ち運べる、ワイン専用の保冷ショルダーバッグを紹介。
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
ナチュラルワインって、なんですか?
日本有数のワインの銘醸地、山梨県でそだった日本固有の土着ぶどう「マスカット・ベーリーA」でつくるライトボディの赤ワインです。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
スマートデキャンタ「WAKE UP WINE PRO」なら、いつものワインを超速でおいしくしてくれる。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
オンライン上で、ワインのプロが自分にぴったりのワインをセレクトしてくれるソムリエサービス「Pocket Sommelier」に新機能が追加。ワインのプロた...