「ワイングラスで愉しむ日本酒」。ユニークな発想の厳選6本セット

氷を入れて楽しむロックや炭酸で割るハイボールスタイル、弾ける泡が心地いいスパークリングなど、多種多様な飲み方やアイテムが幅広い層に支持を得ている日本酒。

7月に発売された「ワイングラスで飲む純米大吟醸6蔵」も慣例にこだわらない愉しみ方をしたいお酒。価格は税別の9000円で、720mlの6本セット。

商品名が示す通り、純米大吟醸で揃えた日本酒はどれもフルーティーで香り高くワインのようにグラスで愉しめる。ラベルは月~土の各曜日をモチーフにした図柄。

毎日少しずつ飲んでもらうのをイメージして、1週間をストーリー仕立てのそれぞれの味わいに調整。たとえば、月曜日は米の力を引き出した芳醇な香りの1本で、その名も「MOON」。このような具合で6本が揃い、足りない日曜日は“休肝日”となる。

残暑を越えれば、すぐにもう秋。ワイングラスに注いだ日本酒とともに秋の夜長を愉しむ──。そんな洒落た一夜に、ぜひ。

©ベルーナ
Top image: © ベルーナ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
オーストリアのグラスメーカー「RIEDEL(リーデル)」と日本の塗り作家・藤井嘉彦氏がコラボ。漆塗りグラス「Libero(リベロ)」が誕生した。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
いつでもどこでもパパッと振りかけられるタブレットケース型の青花椒「金の太陽花椒」。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。

人気の記事

京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...