「ワイングラスで愉しむ日本酒」。ユニークな発想の厳選6本セット

氷を入れて楽しむロックや炭酸で割るハイボールスタイル、弾ける泡が心地いいスパークリングなど、多種多様な飲み方やアイテムが幅広い層に支持を得ている日本酒。

7月に発売された「ワイングラスで飲む純米大吟醸6蔵」も慣例にこだわらない愉しみ方をしたいお酒。価格は税別の9000円で、720mlの6本セット。

商品名が示す通り、純米大吟醸で揃えた日本酒はどれもフルーティーで香り高くワインのようにグラスで愉しめる。ラベルは月~土の各曜日をモチーフにした図柄。

毎日少しずつ飲んでもらうのをイメージして、1週間をストーリー仕立てのそれぞれの味わいに調整。たとえば、月曜日は米の力を引き出した芳醇な香りの1本で、その名も「MOON」。このような具合で6本が揃い、足りない日曜日は“休肝日”となる。

残暑を越えれば、すぐにもう秋。ワイングラスに注いだ日本酒とともに秋の夜長を愉しむ──。そんな洒落た一夜に、ぜひ。

©ベルーナ
Top image: © ベルーナ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。